PSVRは映画鑑賞目的で購入!実際はどう見えるのだろうか?

PlayStationVR(以下、PSVR)を予約開始日に奇跡的にヨドバシ・ドット・コムで予約できました。
それにあわせて、値下げされた新型PS4 Slim 500GBを購入。
VR体験の準備体制はバッチリ。2016年10月24日の発売日を待つばかりとなりました。

さて、そのPSVRですが、私の最大の目的は映画鑑賞。
目の前に映画館さながら・・・とまではいかないでしょうが、大きなスクリーンで映画が観れるのではないかと、期待しています。

実際にソニーからのリリースやネット情報をまとめ、PSVRではどんな感じで映画が観れるかまとめてみました。

PSVRでは「シネマティックモード」で映画鑑賞できる

PSVRで実際にDVD・Blu-ray等で映画鑑賞する際には「シネマティックモード」で見ることができるようです。
この「シネマティックモード」ではPSVRのゴーグル内の仮想空間内にスクリーンが現れます。
目前に映画館が再現されるわけです。

PSVRで選べる画面の大きさは3パターン

PSVR「シネマティック」モード
「シネマティックモード」では画面の大きさは3パターンから選べます。
・小:117インチ相当、視野角54度
・中:163インチ相当、視野角71.5度
・大:226インチ相当、視野角90度

真っ先に試したくなるのは間違いなく「大」サイズでしょう。
226インチという巨大スクリーンで、視界に収まりきらないほどの大スクリーン。
それを貸し切り映画館状態でゆったりと観れるというのだから、これが本当なら映画マニアでなくても唾涎ものでしょう。

「中」サイズは163インチ。画面全体が視野に収まるので、普通の2Dゲームとかに最適かと思われます。

「小」サイズは、頭を動かしてもスクリーンが正面に保たれます。ごろ寝でも気楽に観れます。
小といっても117インチ相当なので、普段見ている42インチ液晶テレビの倍以上の大きさなので、すごいんですけどね。

返事を書く