マイ雑記ドットコムは、漫画レビュー、アニメやゲームの情報、その他買ったもののレビューや体験したことを中心に、日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳サイトです。

都民の森と梅の湯に行って、適度な運動と癒しでストレス解消してきた

2018年3月31日に『東京都檜原 都民の森』へ散策と、帰りにに温泉『河辺温泉 梅の湯』へ行ってきました。
会社での残業による疲労とストレス解消を目的に、自然の中で森林浴を兼ねてちょっとした運動と、温泉でリラックスさせて疲れを癒そうという目的です。

東京都檜原 都民の森

都民の森は東京都西多摩郡檜原村にある、ハイキングコースとちょっとした体験ができる施設です。
ここにたどり着くまでには整備された国道を延々と走ることになるのですが、カーブが連続して信号もほとんどないことから、自動車やバイクのツーリング目的でくる方が多く、普通に走っていると煽られることがあります。
そういった場合は直線の見通しのよいところでハザードつけて抜いてもらいます。
自転車も多いので、カーブの死角で急に現れる自転車との接触の可能性もあったり、バイクの転倒事故も多く、今回行ったさいには、事故1件、バイク載せてレッカーする車を3台みかけました。
安全運転を心がけてください。

駐車場の閉門時間を過ぎると車を出せなくなるので注意が必要です。

都民の森は距離とレベルに応じて5種類のコースがあります。
今回行った三頭大滝コースは0.9kmで往復1時間程度の散策向きコース。
その他に3.4kmから7.6kmのコースが紹介されていました。

駐車場は比較的余裕があり、行ったときは余裕で駐車できました。

駐車場のすぐ横にお土産や食べ物が売っている売店がありました。
トイレもキレイで、利用しやすかったです。




ミニ森林館の横にいる、キツツキは登山者を守ってくれるという「まもる君」。
登山前に3回、帰りに無事の心を込めて3回たたきます。

休憩施設や食事処、体験施設が入っている「森林館」。

休憩場所はとてもキレイにされていて、ハイキング前、ハイキング後に休むのに最適。

座敷もあるので、ちょっと寝っ転がるのもできる心遣い。

冷水、お湯、お茶は無料で飲むことができます。

体験施設もいくつかあり、外には丸太ののこぎり、竹馬体験があり、自由に利用できます。
切った木片は持ち帰りできます。
私も切って持ち帰りましたが、利用用途もなくどうしたものかといった感じでしたが、中学生の息子とどちらが先に切れるか競争して楽しみました。

館内にはノコギリを使った木のキーホルダー作りが無料で体験できる施設があります。

小学4年生の娘でも作れました。記念になるので、ぜひおすすめです。

外にはちらほら雪の残りがありました。
4月になろうという時期でしたが、思いのほか寒かったので、時期によっては防寒対策はしっかりとする必要があります。

三頭大滝コースの中間地点で見晴らしの良い場所があります。
自然のパノラマにキレイな空気と癒されます。

散策コースはこのように整備されているので、階段がある程度のぼれるお年寄りから小さなお子さんでも問題なく行けるコースだと思います。

森林館から歩くこと20分くらいで三頭大滝(みとうおおたき)にたどり着きました。
名前と異なり思いのほか小さかったですが、あくまでも散策の折り返しの目安的な感じなのでまぁこんな感じなのかという程度。

そんな三頭大滝は落差33mもあるんですね。

看板に森林浴の効能が書かれていました。
血圧や脈拍数の減少、副交感神経の活性化、心理的リラックス等、滝のマイナスイオン(近寄れなかったので感じられませんでしたがきっとあるはず)と相まって癒しを求める方にはオススメのスポットです。

吊り橋から滝を眺めることができます。

ツキノワグマが出没することがあるようです。
クマ鈴をつけたり、おしゃべりしながら歩くなど、熊対策も忘れずに。

名称 東京都檜原都民の森(とうきょうとひのはらとみんのもり)
住所 東京都西多摩郡檜原村数馬7146
施設利用時間 3月16日~7月20日 9:30〜16:30
7月21日~8月31日 9:30~17:30
9月1日~11月15日 9:30~16:30
11月16日~3月15日 9:30〜16:00
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始 12月29日~1月3日
※ただし下記期間は無休
ゴールデンウィーク 4月29日~5月5日
夏休み期間 7月21日~8月31日
紅葉シーズン 10月1日~11月30日
駐車場利用時間 3月16日~7月20日 8:00~17:30
7月21日~8月31日 8:00~18:00
9月1日~11月15日 8:00~17:30
11月16日~3月15日 8:00~17:00
駐車場 普通車100台(無料)、バス5台
施設メモ トイレ、売店、食堂
公式サイト [kousiki url=”https://www.hinohara-mori.jp/”]
幼児 [maru]

河辺温泉 梅の湯

東京都青梅市にある温泉施設『河辺温泉 梅の湯』へ行きました。
都民の森から同じ東京都で隣接した市なので近いと思っていたら50km以上も離れていて少し大変でした。
温泉というと平地に単独施設が建っているものだと思っていましたが、河辺タウンビルというショッピングモールの5・6階にある施設だというのに行ってみてびっくり。
駐車場はこの建物の横道に入ったところに、立体駐車場の5階へ直通する入口があるので、そこから入ります。
入口が5階なので駐車も5階がおすすめです。

温泉はアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)PH9.47。
筋肉や関節等の痛みや、冷え性、ストレスの緩和、疲労回復にいいらしく、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態にも良いらしいです。
仕事疲れのストレス解消にはもってこいの温泉です。

女性におすすめなのが、ひのき湯。入ると適度なぬるぬる感がある水質となっていて、入るとしっとり感とツルツル感を味わえ、肌がすべすべになる美肌の湯とも呼ばれています。
頭や体を洗う場所も数が多く、温泉も種類があるので比較的ゆったりと入ることができました。
東京都のショッピングモール内にある温泉といえど侮れないほどの満足度を得られました。

名称 河辺温泉 梅の湯(かわべおんせん うめのゆ)
住所 東京都青梅市河辺町10-8-1
河辺タウンビルB 5・6階(入口は5階)
営業時間 10:00~23:30(最終入館 23:00)
入館料 基本料:大人860円、会員750円、子供430円
午後9時からのないと料金:大人560円、会員450円、子供215円
特定日:大人970円、会員860円、子供540円 ※3時間まで、以降延長料金が発生
レンタル品 タオル 70円、バスタオル 170円、館内着(大人のみ) 250円、手ぶらセット(タオル、バスタオル、館内着)400円
施設メモ ボディケア(揉みほぐし)、フットケア(足つぼ)、韓国式あかすり、韓国式エステ、まつげパーマ・エクステ、食事処、宴会場、会議室
駐車場 河辺TOKYU 5階~8階駐車場(4時間まで無料)
5階が入口なのでおすすめ
公式サイト [kousiki url=”http://kabeonsen-umenoyu.com/”]
幼児 オムツ、紙パンツをしている方は不可
テキストのコピーはできません。