マイ雑記ドットコムは、漫画レビュー、アニメやゲームの情報、その他買ったもののレビューや体験したことを中心に、日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳サイトです。

造形もかわいいお菓子『TOKYOチューリップローズ』を食べてみた


東京ばな奈で有名なグレープストーンの新ブランドにて新作菓子の『TOKYOチューリップローズ』(東京チューリップローズ)をお土産にもらったので少しご紹介。

TOKYOチューリップローズとは


『TOKYOチューリップローズ』はパリでシェフ・パティシエをしている金井理仁氏が手がけたラングドシャの新しいカタチのスイーツだ。

チューリップの花びらを形作るのはラングドシャクッキー、そのチューリップの中にとろけるホイップクリームでローズ咲かせた菓子。
味は3色のローズがある。ピンクの甘酸っぱい「ベリー」、茶色の渋い色合いの「キャラメル」、黄色い鮮やかな色合の「パッションマンゴー」。

TOKYOチューリップローズを解体

TOKYOチューリップローズはどんな形状になっているのか分解してみました。



花びら一枚一枚がキレイに取れます。
一口で食べるか、花びらを1枚づつちぎってクリームにつけて食べる。
2種類の食べ方が楽しめるかな?といった感じです。
味は特別美味しいわけではないですが、見た目がインスタ映えするし、女性ならその美しい造りに話がはずむでしょう。
価格は4個入りで1188円(税込)、8個入り1458円(税込)、12個入り2160円(税込)です。
今のところは2月14日までの期間限定販売で、JR名古屋タカシマヤと阪急うめだ本店の2店舗のみの限定販売。
人気すぎて早々に完売することがあるようなので、見つけたらぜひ手にとってみては?