マイ雑記ドットコムは、漫画レビュー、アニメやゲームの情報、その他買ったもののレビューや体験したことを中心に、日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳サイトです。

プレイステーション 5が2020年末に発売決定!PS4ソフトも使えるぞ


プレイステーション5(PlayStation5)が2020年末に発売されることが決定した。

PS5本体 ハードウェア性能概要

コンソールゲーム機本体

  • 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
  • AMD社製カスタムチップ搭載
    CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2″,8cores/16threads
    GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
  • 3Dオーディオ処理専用ユニット(上下左右からの音の臨場感が味わえる)
  • ゲームでは最大8K解像度出力まで対応
  • プレイステーション 4のゲームソフトとの互換性あり(PS4ソフトの利用可能)
  • PlayStation VR対応

コントローラー

  • ハプティック技術搭載
  • L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用
  • USB Type-C端子

メディア媒体

  • Ultra HD Blu-ray(映像再生機能については未定)
  • ゲームディスクとしての容量は100GB

コントローラーの再考

PS5では新しいコントローラーが開発される。
ゲームコントローラーの振動機能を刷新し、ハプティック技術を採用。このハプティック技術の採用により、これまで以上に多彩な反応を手で感じることができる。
例えばレース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なるものになる。また、草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるようになる。
さらに今回新たに導入するアダプティブトリガーと呼ばれるL2・R2ボタンが進化。
プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーに抵抗力をもたせることができるようになり、ハプティック技術との組み合わせによって、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるようになる。
例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できる。

PS4との互換性

SIEの公式発表では「PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計」と記載のあるPS4ソフトの互換については、「現在、開発チームが完全な互換が担保できるのか全力をあげて検証しております。続報をお待ちください」という。すべてのプレステ4タイトルが遊べるわけではなさそうだが、多くのPS4ソフトを無駄にすることなく使い続けられそうなのは嬉しいところ。続報に期待したい。