マイ雑記ドットコムは、漫画レビュー、アニメやゲームの情報、その他買ったもののレビューや体験したことを中心に、日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳サイトです。

微熱空間 第18話レビュー:姉ちゃんの方が・・・このままがいい


蒼樹うめ『微熱空間』の楽園 第31号の最新話レビューです。
『ひだまりスケッチ』、『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター原案をされていた、蒼樹うめ先生の漫画『微熱空間』の第18話です。

微熱空間 第18話 レビュー

親の再婚により同じ屋根の下で同居生活がはじまった女子高生の姉「中ノ瀬 亜麻音」と、3日違いで年下の弟となった「赤瀬川 直耶」。
姉弟という関係でいたが、キスしそうな雰囲気になるほど二人の関係は兄弟愛ではなく異性としてお互いに意識している。
そして、好意をもっていることは明確。
18話では夏休みなのにあまりにも家に引きこもっている直耶のことを心配した友人が夏祭りに誘ってくれてでかけることに。
そこには姉も浴衣姿で待っていた。

浴衣姿に姉ちゃんのほうがいいと言われて赤面する亜麻音。
そして人混みの中、無意識に手をつないでいた二人。それに気づいて友人は用事があるといって二人きりにさせるナイスな判断。
人にぶつかりそうになる亜麻音をそっとたぐり寄せる。

それはもう、恋人同士のような世界。
花火が見えない亜麻音でしたが、後ろから抱きつかれるような体勢にここがいいと、もう兄弟だからという言い訳ができないほど、好きの感情が滲み出している感じ。

とてもいい雰囲気のラブストーリーになってきました。
蒼樹うめ氏が描く女の子もカワイイしやっぱり『微熱空間』は素敵な漫画です。
気になる続きの微熱空間のコミックス第3巻は2019年12月26日、19話の楽園は2020年2月下旬発売予定です。

テキストのコピーはできません。