マイ雑記ドットコムは、漫画レビュー、アニメやゲームの情報、その他買ったもののレビューや体験したことを中心に、日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳サイトです。

『1LDK+JK』レビュー:契約ミスからはじまる同居ラブコメ

1LDK+JK 買物メモ

二三月そう氏が描く冴えない中年サラリーマンとJKとの年の差同居ラブコメ漫画『1LDK+JK』が届きました。
1巻との記載はありませんが、1LDK+JK 2巻が2019年11月28日に発売される。

  • 商品名:二三月そう『1LDK+JK
  • 買った日(届いた日):2019年11月26日
  • 買った店:アマゾン(Amazon.co.jp)
  • 購入価格:1,100円

あらすじ

「えー!!? 契約ミスー!!?」
大家さんのうっかりで一週間だけ同居することになった波佐間とJKの茜。
何とかうまくやっていけそうだと床に就いたところ、壁の向こうからお隣の声が。
学校でもお風呂でイチャラブ同居生活スタート!

商品概要

ページ数: 196 ページ
出版社: KATTS (2018/12/7)
言語: 日本語

1LDK+JK レビュー

冴えない中年サラリーマンの波佐間 健(32歳)は、JKの美崎 茜とアパート契約の手違いで一週間同居することになる。

最初の出会いは茜の着替え中という、印象最悪から始まるベタなラブコメ王道パターン。

下着姿を見られたことについてはまったく触れずあっさりしているのは意外。
異性への警戒心があまりないのは、恋愛未経験のなせることなのか?それとも契約ミスの方が衝撃がおおきすぎてそれどころではないのだろうか?

冴えないおっさんと同居とか言ってツンツンしていますが、すぐにデレるチョロインぶり。

一緒にご飯を食べたり、生活したりと、寝床を一緒にすることで二人の心の距離を縮めるのに時間はかからなかった。

「ご飯つくって喜んでもらえたのいつぐらいぶりだろう」というくらいだから、家族団らんのない家庭だったことがうかがえる。
家族愛に飢えていたからこそ、健とわずかな時間で心が打ち解けられたのかもしれない。

ヒロインの茜はスレンダーな体型ではなく、ほどよく年相応のふくよかさをもった親近感ある見た目。本人は大きな胸がコンプレックスだそうですが、細すぎず太すぎず健康的で良いと思います。

予定通り一週間で、本来あるべき部屋に分かれることになる。

分かれて一人になることでわかる一緒にいた時間の大切さ。そして賑やかさと温もりに二人は寂しさを感じるとともに、元サヤに戻るのに時間は必要なかった。

ツンツンしながらも、ときたま見せる甘えるような仕草。そして、家事をそつなくこなし、家庭的な面をみせる、女性としての内面的魅力も高い。

大人向けの漫画ですが、お互いの心のスキマを埋めていきながら、恋心が芽生えていくところの、物語性もきちんとラブストーリーしていて、成人男性におすすめの漫画です。

販売ショップ

テキストのコピーはできません。