爆上げ仮想通貨の値動きチェックはコチラ!

スズキの新型ソリオ HYBRID MZ12月頭に買ったら既に納車2ヶ月待ちだった

スズキから2020年12月4日発売された新型四輪自動車『新型 ソリオ バンディット』を見てきました。
本題は新型ソリオを契約するためにディーラーに行ってきました。

ソリオバンディットのフロントマスクはいかつい顔つき。フロントグリルがこだわりの造形を感じさせていて格好いい。男性は好みかと思いますが、女性受けはソリオなのかなと思います。現に、私の妻はバンディットを嫌い、結局購入はソリオになってしまったぐらいなので。
外観は完全にミニバン。スペック以上に大きく見え、室内空間も広く感じます。タイヤのホイールもバンディットの方がスポーティーで格好いいです。
前列シートを運転席側から見た感じ。居心地の良い空間とうのが第一印象。収納も多く、シートも適度な硬さがあって座り心地は良いです。USBソケットが2つついているのも地味に嬉しい。
今回は9インチメモリーナビ全方位モニターは鉄板ですね。もうこれありきって感じの宣伝の仕方でしたし、ナビ代とバックモニターを付けることを考えると、もう少しプラスするだけで、9インチという大画面と全方位モニターがつくのですから、選ばない手はありません。
運転席右下に備えられている安全装置等のボタン類。これが嫁に言わせれば意味不明。なんでこんなに複雑なのと、戸惑いの声が納車前から出ています。基本いじらなくて大丈夫だよと伝えると安心していました。
後部座席も広い。足が伸ばせるし、ウォークスルーで前列から後列の移動もでき、長時間ドライブでも疲れにくいかもしれませんね。
運転席に座ったところからの視点。センターパネルアレルギーな私ですが、運転席側に少し向いているので、思っていたよりもスピードメーターが見やすいです。インフォメーションディスプレイもタコメーターやらなんやら色々な情報が表示されるので面白い。慣れるまでが大変そうだけど。
ヘッドアップディスプレイは表示位置の高さをスイッチで変更できます。見やすいかというと、どうなんだろうというレベル。無いよりはマシだけど実際はこれを見て運転するのだろうか?でも新しい機能を試せるのは楽しいので良し!

自己満足度5点。
実際に買ったのは今回紹介しているソリオバンディットではなく、ノーマルソリオ。ノーマルといっても先代のバンディット並にシャープな顔つきで格好いいです。
実際に納車されて運転してみないとなんともいえませんが、12年ぶりの新車購入。
ナビも9インチととてつもなく大きくて見やすい。
車内も広々、視界も良好。
初のスズキ車ということでより楽しみ。
納車は1月下旬。
値引きは厳しかったですけど、ディーラーさん頑張ってくれました。
とても良い営業さんに恵まれ良い買い物ができたんじゃないかと思っています。

よかったらシェアしてね!