爆上げ仮想通貨の値動きチェックはコチラ!

かにやの新作菓子をまとめて買ってきた

かにやの工場直営店にあたる「かにや工場店」で購入しました。

埼玉県の代表銘菓の一つである『けんき』を作っている菓子屋さんの『かにや』。
帰省時とかの手土産によく利用させていただいています。
今回は気になるお菓子をSNS上で見つけたので入間工場兼直営店舗に、自分用として買いに行ってきました。

かしわ餅 白みそあん

端午の節句の定番であるかしわ餅の新作「白みそあん」240円。

消費期限は当然当日まで。

重さは54g。菓子屋さんのかしわ餅として標準的な大きさなんじゃないかな?

緑色の葉に美しいピンク色の餅が鮮やかに引き立っています。
ただ、外の皮は固めで自分の好みとは違っていました。

中味の紀州白みそ餡がとろけるような舌触りで上品な甘さ。

ラムレズンどら焼

期間限定のラムレーズンが入ったどら焼き『ラムレズンどら焼』200円。

季節限定な上に毎日数量限定の希少価値のあるどら焼き。
消費期限は3日間。手土産としてはこれくらい期間に余裕があると嬉しい。

重さは83g。

これぞどら焼きという美しい茶色。

どら焼きの耳締めがしっかりされています。

どら焼きの皮はきちんと焼き上げられている。
外側は固め中はしっとりとまではいきませんが、柔らかさが残っていて、こし餡と調和がとれています。

ラムレーズンだけあって、ラム酒のお酒の匂いと味が強烈。子供は匂いからしてだめで、お酒の匂いだけで人を選ぶかもしれません。レーズンは柔らかくて主張していないので、ちょっとラム酒に主役をとられてしまっている感がしました。

ケンキ

かにやといえば埼玉県銘菓の『ケンキ』165円。

消費期限は丸々一週間持ちます。

重さは32g。全体的に味も見た目通り重さも軽い。

バターがしっかりしたふわふわのスポンジ生地。

生地の間に絞られているチーズクリームの塩味がケンキの味を記憶させてくれる。

食感がとても軽い。味もサッパリ目なため、いくつでも食べれてしまうが、カロリーは143 kcalとしっかりしたボリュームがあるのでほどほどにしないといけませんね。

クリームプリン

とにかく生クリーム一押しで作ったという『クリームプリン』380円。

カロリーも値段に見合うボリュームの335kcal。

濃厚な生クリームに激甘プリン。

すべてが濃厚であり激甘。

380円という高価格でありがなら少量。大人なら4口で終わってしまいそうなほど少ない。

それでも口にしてみれば凝縮された素材の美味しさに値段の理由は納得するだろう。

美味しいけれど、早々何回も買える品物ではないです。
子供は3個100円のプリンの方が好みとのこと(笑)

透かし水

そしてメインが水ようかんの『透かし水』700円。

消費期限は要冷蔵で3日。開封したら当日中が推奨。

水ようかんの風味を大切にと最高級とされている伊豆七島の天草をじっくりと煮込んで抽出した「生の寒天」と、涼やかな食感の北海道小豆を使用している。

スルッと口に入る舌触りに、とろけるような食感。
爽やかな甘さでとても食べすい。とらやの羊羹のような濃厚とは真逆の方向。そもそも水ようかんなので違うのですけどね。
初夏の涼をイメージさせる見た目と相まってこのシーズンには最高の和菓子です。

関連サイト
よかったらシェアしてね!