爆上げ仮想通貨の値動きチェックはコチラ!

Switch、PS4、PS5仕様比較!ゲーム買うならどのハード!?

テレビゲームソフトのマルチプラットフォーム展開が主流となっていますが、買うときに悩むのがどのハードのソフトを買うかです。
価格面ではほとんどの場合、価格差は見受けられません。
通常版、限定版とかの違いはありますが、それもほとんどの場合は各プラットフォームごとにきちんと発売されるので悩むところではありません。
では、どのテレビゲーム機のソフトを買うか?
迷った場合の参考となる仕様比較を行ってみます。

主要スペック比較

スクロールできます
ハードNintendoSwitchPlayStation4PlayStation5
解像度1280×720
(ドッグ時1920×1080)
1920×1080
(PS4 Pro 3840×2160)
3840×2160
映像出力
画面サイズ
HDMI出力(Lite不可)
7.0(有機EL)
6.2(液晶)
5.5(液晶)
HDMI出力のみHDMI出力のみ
CPUARM Cortex-A57
(4コア 1.02GHz)
+
ARM Cortex-A53
(4コア 1.02GHz)
Jaguar x 2
(4コア 1.6GHz)
x86-64-AMD Ryzen Zen2
(8コア 3.5GHz)
GPUMaxwell CUDA
(768MHz)157.2
GFLOPS(携帯時)
(ドック時393.2GFLOPS)
GCN
(18CU 800MHz)
AMD Radeon RDNA 2-based graphics engine
(36CU 2.23GHz)
メモリLPDDR4 4GB
25.6GB/s
GDDR5 8GB
176GB/s
GDDR6 16GB
448GB/s
ストレージeMMC 32GB
eMMC 64GB(有機EL)
HDD 500GB~SSD 825GB
音声出力リニアPCM 5.1chDTS-HD 7.1ch
Dolby TrueHD
Dolby Digital 5.1ch
Dolby Digital Plus 7.1ch
Dolby TrueHD 7.1ch
DTS 5.1ch
DTS-HD High Resolution Audio 7.1ch
DTS-HD Master Audio 7.1ch
AAC 5.1ch
Linear PCM 7.1ch

ゲームを買うおすすめハード

NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)

ゲームを携帯したい、ベッドの上とかどこででも遊びたい人はニンテンドースイッチがおすすめ。
Nintendo Switch Liteではできないが、それ以外ならコントローラーも外せてコンパクト、HDMI出力で外部ディスプレイ(テレビ)にも出力でき、その際はフルHD画質で楽しめるので解像度面ではプレステにもひけをとらない。
ただし、ハード性能としては2006年に発売されたプレイステーション3レベルと言われているくらいに低い。

PlayStation 4(プレイステーション4)

落ち着いてキレイなグラフィックで楽しみたいならプレステ4。
2013年発売と古いながらフルHD解像度で楽しむ分には現役で十分通じるハード。
当時のソニーの最新技術を惜しみなく詰め込んだだけのことはある。
携帯はできないが、アプリを使えば遠隔でスマホ等でも遊ぶことはできる。

PlayStation 5(プレイステーション5)

最高性能・最高画質で楽しめるハード。
プレイステーション5を持っていて、ソフトが対応しているなら間違いなくおすすめ。
最近はハイブリッドになっており、PS4版のソフトを買っても無償でPS5版にアップグレードできる救済処置もあるので、そういった場合はPS4版を買っておく方が、より幅広く楽しめるかもしれない。
また、飽きた場合にゲームを売る際の中古市場ではPS4版の方が高値で売れるケースも2021年現在はみられる。
原因は実際にPS5で遊ぶユーザー数が低迷していること。
日本市場への出荷数が少なく、また転売屋による買い占めによりハードの出荷数よりもソフトを購入するユーザー数が伸び悩んでいる状況がある。

よかったらシェアしてね!