仮想通貨の値動きチェックはCoincheckが便利

「エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム」レビュー:クランプ使えずドリルで穴をあけ設置した

  • URLをコピーしました!

Amazonのブラックフライデーセールで買った「エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム マットブラック 34インチ(3.2~11.3kg)まで対応 45-241-224」。
届いてから2週間以上たってようやく設置しましたので、取り付け感想レビュー紹介します。

取扱説明書のPDFダウンロード

取り付け方法が書かれたマニュアルは製品に同梱されていますが、エルゴトロンのウェブサイトから取扱説明書のPDFデータがダウンロードできます。
また、動画でも取り付け方法が紹介されていますので、参考にするとより早く設置できると思います。

Ergotron公式サイトで取扱説明書を見る

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム製品仕様

  • 34インチまで、3.2kgから11.3kgまでのモニターに対応
  • マットブラックにはグロメットマウント付属
  • 保証期間は安心の10年間
  • VESA規格:MIS-D、MIS-C(100x100mm、75x75mm間隔のVESA)に対応
  • 取扱説明書に従い組み立て、モニターを取り付けてから各部の調整を行ってください。組み立て前の状態では各部の調整はできません
  • LXアーム、エクステンション、ベース、ポール、デスククランプ、グロメットマウント、取り付け金具が梱包されています
  • 前後伸縮64cm、昇降33cm(9.1kg以上のモニターでは最大11cm昇降範囲の減少が起こる可能性があります)
  • パン360°、縦横回転360°、チルト後方70°/前方5°
  • 製品本体重量 3.6kg

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム レビュー

クランプ式がつけられず机にドリルで穴をあけることに

クランプ式で机にクリップで挟む感覚で簡単にすぐ取り付けられると思っていたのに、机の強度を高める板が邪魔となりクランプ式での取り付けができないまさかの事態。

これがモニターアームを放置していた理由です。

グロメットマウントで取り付けるしか方法がなくなりました。

気は進みませんでしたが、どうせ10年以上使っているボロくなったパソコンデスク。
最悪買い替えも考えていたので一思いに穴をあける事としました。

ホームセンターで木工用ドリルの穴径8mmのものを買ってきて、電動ドリルで穴を開けます。

思った以上に机が頑丈で、ベニヤ板に穴をあけるような簡単にはいかず、けっこう苦労しました。
格闘すること5分。
2cm程度の穴をあけるのに苦戦。ようやく穴をあけることができたときの喜びはひとしおでした。

モニターアームの底台の裏面をクランプ式からグロメットマウント式に変更します。
先に長いネジをプレートに通してから底台に取り付けます。
ネジが中に入ってしまわないように、掴みながら六角レンチで取るけていきます。

机の裏側に取り付けました。
変な体制で取り付けたので首から肩にかけてつってしまい痛いです。

取り付けられると、思っていた以上にしっかりと固定されています。
最大11.3kg、34インチディスプレイが取り付けられるのだからあたりまえだけど頑丈です。

モニターアーム自体は上から差し込んでいくだけなので簡単。

ディスプレイに取り付け開始

ようやく設置準備ができたら、いよいよ本題のディスプレイへの取り付けです。

本製品はVESA規格:MIS-D、MIS-C(100x100mm、75x75mm間隔のVESA)に対応しています。
ディスプレイ背面の4つの穴にネジでモニターアームを取り付けるだけなのでとても簡単。

アームの上下は間違えないようにしましょう。
最初に取り付けたときにモニターアームの支柱が上にくるようにします。

取り付けるとモニターが上を向いてしまいます。
モニターを正面向くように下げようとしても下がりません。

まずはアームの力を弱めるため、付属の六角レンチを使って時計の進行方向にネジを回しきります。

回しきったら本体を正面に向くように力を入れて押し込みます。
ディスプレイの液晶が割れないか心配になりそうなくらい、そこそこ無理な力をいれて、強引な感じで落とし込んで正面を向かせます。
ここがモニターアーム取り付け初心者の正念場。
ネット検索するとここではまるひとが多いようです。
モニターアームをディスプレイに取り付けてから設置しなくてはいけない理由がここにあるようですs.

苦心の上ようやく設置完了。
モニターアームで上下左右前後と縦横無尽にディスプレイが動かせるのは感涙もの。
ディスプレイの台座の机の専有面積が減り机の上もスッキリ。

背面も良い感じにスッキリと収まっています。
あとは配線関係もモニターアームを通したり、デスクの電源タップの配置や配線も整理して、よりスッキリと整理していきたいところ。
12,000円でここまでできれば御の字。

モニターアームが流行っている?のも頷けます。

これで残すは本命アイテムの「LG ゲーミング モニター UltraGear 34WP60C-B 34インチ 21:9 曲面 ウルトラワイド(3440×1440)」が届いて24インチモニターと交換すれば完了。
2022年1月11日お届予定となっているので、年内は無理そうですが楽しみです。

Amazonで商品を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!