おすすめ記事
ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション


斉藤ゆう『疑似ハーレム 第2巻』のコミックを購入したのでレビューです。

美少女との出会いから人生が狂い始める

斉藤ゆう氏の『疑似ハーレム』は元々は斉藤ゆう氏の公式Twitterで毎週金曜日に公開されている漫画に加筆修正してまとめたコミックス。
演劇部のヒロイン七倉は、同じ部活の大道具担当の先輩である北浜に恋する少女。

一方でハーレムを夢見る北浜。色々なキャラクターを七倉に演じさせ、擬似的なハーレム体験を味わっている。

そこにハッキリと自覚できるような恋心はまだ芽生えていないが、所々でそれとなく期待をもたせるような発言をするものだから、七倉も頑張って色々な人格を演じてしまう。

少し好意ある発言をもらうだけでこの満面の笑顔。

女優として演じることには長けているが、先輩が絡むとちょっとしたことでもオーバーなほど動揺する。そこがまた可愛いところ。

とにかく乙女。ジャージ姿でお買い物にきたところに偶然先輩をみかけると、ちゃんとしたの着てくればよかったと、服装をすごく気にする。

北浜が七倉にLOVEという感情があるのかはわからないが、流れで好きだとか、下の名前で呼んだりとか、気を持たせておいて落とすシーンがあるもんだから七倉がちょっとかわいそうにさえ思う。

もう恋心に気づいてあげて、素の七倉の気持ちを受け止めてあげてほしいと思うほど、純粋な七倉を応援していきたいそんな学園ラブコメ漫画です。