おすすめ漫画
ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション

『Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system』レビュー

BOSE(ボーズ)のコンパクトなマルチメディアスピーカーシステム。

本体サイズは幅80mm × 高さ190mm × 奥行150mm)で、本体重量は、右スピーカーが815g、右スピーカーが790g(スピーカーケーブル1.8m含む)と、机に、パソコンのディスプレイやノートPCと並べておける、PC向けに作られたスピーカー。

スピーカーの背面にポートと言われる穴が設けられていて小型ながら迫力ある低音を奏でる。
入力端子は背面に、パソコン向けの3.5mmのステレオミニプラグと、iPhoneやウォークマン等の音楽プレーヤー等の汎用デバイスと接続する3.5mmのステレオミニプラグの2基の入力端子を装備している。
フロント(表面)にはボリュームの他、ヘッドホン端子も備えている。

Surface Pro 6のスピーカーとして相性抜群


私はマイクロソフトの2in1パソコン「Surface Pro 6」と接続しています。
nasneと接続しているので、テレビや録画した番組、さらには動画配信や音楽も内蔵スピーカーとは格段に違う高音質で音を楽しむことができる。
使った感想としてはBOSEらしいドンシャリサウンド。とにかく低音が強い。
それなりの音量で聴く分には良いスピーカーですが、小さな音量にすると強い低音が仇となって、籠もったような音質になってしまう。
さらには、低音が強くでるので、夜は気を使ってしまう。隣室で子どもたちが寝ていると使えない。
おそらく壁が薄いアパートでの使用は迷惑をかけてしまうかもしれません。
贅沢をいえば、高音域が弱い印象をうける。

世界各国で使える電源アダプタ


世界のBOSEの世界戦略モデルだけあって、アダプターは5つの形状のプラグをアダプタに装着して使う。