おすすめ漫画
ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション


ボーズ社の完全ワイヤレスBlutoothヘッドセット『Bose SoundSport Free wireless headphones』トリプルブラックを購入したので使ってみた感想をレビューします。

パッケージ開封

しっかりとしたデザイン性のあるパッケージです。

中には、本体が入っているポータブル充電ケース、それにStayHear+Sportチップ3サイズ(1サイズは本体に最初からついています)、USBケーブルといったたぐいです。

ポータブル充電ケースを開けると本体が両サイドに入っています。

このケースにセットすると自動で電源がオフになり充電が始まります。

SoundSportは完全ワイヤレスの中では少し大きく重いかもしれません。
1時間程度の装着では耳が痛くなるようなことはありませんでしたが、人によっては重くて1時間も使うと耳が痛くなるという感想もあるようです。

イヤー部の形状はBOSE独自の形状で、耳に負担も少なく、そして抜けにくい。少し本体が大きめですが、BOSEロゴがついているので恥ずかしいどころか、逆に自慢できるガジェットだと思います。

iPhoneのBose Connectでフォームウェアバージョンアップ

iPhone XではBlutooth機器としてすぐに認識され、接続ができました。
Boseの専用アプリがあり、それを使って本体のフォームウェアのバージョンアップを行います。10分以上かかりましたが、更新は無事終了。
nasneでテレビ番組を録画したビデオ視聴用に「torne mobile」を使って動画をみました。
遅延なく再生されます。
音楽についても有線接続と代わり映えしない音質。
今までBlutoothでワイヤレス接続した場合、利便性優先で聴ければいいやぐらいで、満足した音質というのは得られてきませんでした。
しかし、『Bose SoundSport Free wireless headphones』ではBOSEならではのドンシャリサウンドは健在。
十分な低音、それでいて高音と中音域もBOSEカラーで、ワイヤレスでもメインのヘッドホンとして使えます。
以前買った有線のボーズのイヤホン『Bose SoundTrue イヤホン iPhone・iPod・iPad対応リモコン・マイク付き ブラック SoundTrue IE IP BK』(レビュー記事はこちら)と比べるとさすがに、若干ですが中高音域では劣る感じがしますが、完全ワイヤレスの利便性を一度でも体験すると、有線がわずらわしく感じます。

Windows10で片側から音が出ない

Surface Pro 6のWindows10でnasneの録画したテレビ番組を見てみました。
接続はできました。
設定画面からBluetoothの接続機器を追加することで無事認識でき「Bose Free SoundSport」として登録されました。
しかし片側からしか音が出ません。
右下のタスクバーにあるサウンドの設定を見ると、「ヘッドセット」しか選べません。
ヘッドホンにならないのです。だから片側からしか音がでないし、音質が悪い。
そこで試したのが以下の手順です。

片側からしか聴こえないときの対処法

  • Windows10のBluetooth設定から「Bose Free SoundSport」のデバイスを削除。
  • ヘッドホン左側本体のBlutoothボタンを約10秒間押し続け、接続情報を初期化。
  • Windows10の設定から「サウンド」内に小さくリンクs回が書かれている「サウンドデバイスを管理する」の中から出力デバイスの「ヘッドセット」を無効にします。
  • そしてもう一度最初から、Windows10でBluetoothで追加します。

これでヘッドホンとして認識させることができました。
しかし、つながったものの、両側とも片側が数分に1回は一瞬ですが切れます。
そして、nasneもVLCプレーヤーで見ても動画の遅延はかなり酷い。
Surface Pro 6で使うのは諦めました。

Bose SoundSport Free wireless headphones 仕様

外形寸法・質量

本体:25mm W x 32mm H x 30mm D (18 g/ペア)
ケース:100mm W x 38mm H x 48mm D (80 g)
充電式リチウムイオンバッテリー(充電時間:2時間、バッテリー持続時間:満充電で最大5時間)

同梱物

SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES
ポータブル充電ケース(SoundSpor本体を2回フル充電可能)
StayHear+ Sportチップ(3サイズ)
USBケーブル

おまけでAnker PowerCore5000 モバイルバッテリーがついてきた


おまけでBOSE特製のAnker社のモバイルバッテリー『PowerCore5000』が付いてきました。

Amazoneで買うと2000円くらいする5000mAhの軽量のスティック型モバイルバッテリーです。

BOSEのロゴが付いているが渋くてい良いです。