東京ディズニーリゾートがeチケット開始!年内にアプリ導入で混雑緩和やショッピングも!!

eチケット開始

オリエンタルランドは東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランドと東京ディズニーシー)向け入園サービス『ディズニーeチケット』を2018年2月20日から開始した。
チケット購入者は発行されたQRコードを入場口でかざすと入園できるようになり、混雑緩和対策として期待されている。
同機能は現在ブラウザ上での対応となっているが、年内にリリース予定の公式アプリの一機能として搭載される予定。

2018年内に公式アプリ導入

2018年内に東京ディズニーリゾートの公式アプリがリリースされる予定。
アプリには、eチケットの他、GPS(位置情報システム)を活用したショッピング機能も搭載予定。園内にいるとき限定でグッズの予約購入や自宅配送の手配までできる予定。
その他にもホテルやレストランの予約、ショーの抽選、アトラクションの待ち時間の確認、マップの閲覧等の園内で必要となりそうな機能を一通り内蔵し、東京ディズニーランドや東京ディズニーシー来場時には必須アプリとなりそうだ。
iOS(iPhone、iPad)、Androidに対応予定で、東京ディズニーランド、東京ディズニーシ―の両方で使用できる見込み。

入園者減に対して積極的な投資を展開

今回のアプリを使った混雑対策の他、2020年には人手不足と従業員の生産性を上げるために東京ディズニーランドの入場口を120億円を投じて改修。
年間パスポート者の顔認証システムや自動券売機を導入するなどして、IT投資を積極的に展開。
混雑からの顧客満足度低下に歯止めをかける施策として期待がかかる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事