寝室の常夜灯をLED豆球「Panasonic LDT1L-G-E12」にしたら少し明るかった

寝室の常夜灯に使っている豆球が切れたので、はやりのLED電球にしてみました。
今回買ったのは「Panasonic LDT1L-G-E12」。
20160222_led01
E12口金の電球色タイプです。
中国製ですが、そこは他のメーカーでも同じなので問題ないと思っています。
20160222_led02
40000時間の寿命と、省エネ0.5Wでいながら明るさは10ルーメンとコスト・経済面でも十分なものです。
20160222_led03
見た目は従来型と代わり映えしません。
20160222_led04
大きさもほとんど同じです(左側がLEDタイプ)。
20160222_led05
取り付けてみましたが、大きさも大丈夫です。

20160222_led07
色は若干白っぽく、明る目かな?

20160222_led06
従来のタイプの方が橙色のいかにも電球色って感じで、眠りを妨げないほどより明るさです。

若干明るく感じますが、寝るのに支障ないです。
ただ、目の位置ちょうどにあったりすると、寝るのに明るすぎるかもしれません。
マンガ本なら無理すれば読めてしまうくらいなので(1冊読むと確実に目を悪くすると思いますけど)。

でも、良い感じで値段も200円ちょっとなので、他の部屋も豆球が切れたら本製品に変えようかと思っています。

返事を書く