amazonのFire TV Stickを買ってみた

「Amazon Drive Unlimitedストレージ」の無制限オンラインストレージサービスを申し込みました。
13,800円と高額ですが、月換算すれば1000円ちょいなので、期待をこめて導入。
それを活かすための一つとして、Fire TV Stickを買ってみました。

Fire TV Stick開梱

いつものamazonダンボールに入っての到着。
20160820_firetvstick01
パッケージは店頭で売る気まんまんの、上にひっかけの穴がありました。店頭でこの穴通して陳列されているの見たことないけど、PC周辺機器コーナーの一角で販売されているのかな?
20160820_firetvstick02
パッケージ背面。ウリ文句通り、簡単に使えました。
20160820_firetvstick03

20160820_firetvstick04
パッケージを開けるとFire TV Stick本体とリモコンが並んで入っていました。
20160820_firetvstick05
パッケージ同梱物。USBケーブルはACアダプターに差し込んで、本体電源供給に使用します。外付けUSBが使えるわけではありません。
HDMIはテレビ直挿しですが、横からUSBケーブルが出っ張るので、テレビの他のHDMIケーブルと干渉を避ける用に短い延長ケーブル?がついています。
20160820_firetvstick06
本体は84.9mm x 25.0mm x 11.5mm、重量25.1gと超軽量。
20160820_firetvstick07
電源用USB端子
20160820_firetvstick08

20160820_firetvstick09
リモコンは最低限のボタンしかありません。単4電池2本使います。
20160820_firetvstick10
電源用ACアダプターを接続するとこのような感じになります。AC電源が不要ならスッキリして嬉しいんですけどね。
20160820_firetvstick11

本体仕様

サイズ:84.9mm x 25.0mm x 11.5mm
重量:25.1g
プロセッサ:Broadcom Capri 28155、デュアルコア 2xARM A9 最大1Ghz
GPU:VideoCore4
ストレージ:8GB
メモリ:1GB
Wi-Fi:デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応。
Bluetooth:HID、SPPプロファイル対応、Bluetooth 3.0
音声検索:Fire TV音声認識リモコン(別売)または、無料のFire TVリモコンアプリで対応(Fire、Android OS、iOSで利用可能)
ゲームコントローラー:別売。Amazon Fire TV ゲームコントローラーに最適化。その他Bluetoothコントローラーに対応
クラウドストレージ:Amazon Cloud Driveで5GBまで無料
入出力端子:タイプA HDMI 1.4b出力 HDCP1.4、Micro USB(電源用)
Dolby Audio:Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー。
フォーマット:ビデオ H.264
オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis
写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
出力:720p、1080p、最大60fps
システム要件:HDMI端子対応HDテレビ、Wi-Fi経由でのインターネット、電源用コンセント
対応テレビ:HDMI端子対応HDテレビ、60/50Hz、1080pまたは720pのHDMIケーブル、日立、JVC、LG、三菱、NEC、パナソニック、フィリップス、パイオニア、サムソン、シャープ、ソニー、東芝等のHDCP対応モデル含む
保証:1年限定保証付
同梱内容:Fire TV Stick、リモコン、USBケーブル、電源アダプタ、HDMI延長ケーブル、単4電池2本、スタートガイド

ファーストインプレッション

接続は電源とテレビのHDMI端子に接続するだけの超簡単接続。
最初の設定もAmazon.co.jpのアカウントを入れるだけの簡単なものです。
プライム会員ならばすぐに動画や音楽がすぐに観れます。
YouTubeはアプリのインストールをしてやることで簡単に再生できました。
操作は付属リモコン以外にも、スマートフォンアプリ「Amazon Fire TVリモコン」がiPhone、Androidそれぞれに用意されていて、そこからの操作もできます。
文字入力がある場合にはソフトウェアキーボードが使えるので便利です。

Bluetoothマウスは非対応?

Amazon Driveをはじめ、AndroidアプリをFire Stickにインストールして使う場合には操作するのにマウスが必須。
手元にあったBuffaloのマウスを使おうとしたものの、検知されず。
結局、Andoroidアプリ「Mouse Toggle for Fire TV」を使ってソフトウェアで操作しています。

Amazon Driveを始めるのに必要なもの

結局のところAmazon Driveを使いはじめるのに以下のものを入れました。

Amazon DriveでフルハイビジョンのMP4動画を再生させてみましたが、普通にストリーミング再生ができていて快適です。
USBメモリに転送してとかせず、予めAmazon Driveに動画や音楽をためておけば、いつでも観たい動画がすぐに観れる。
これって素晴らしいです。
あとはプライム会員に入るかどうか・・・
ここまでくると4000円くらいと思って入ってしまうかも。
何はともあれFire TV StickとAmazon Driveの組み合わせは、動画好きには最高の組み合わせだと思います。

返事を書く