【PSVR】を発売日に買って2週間で使わなくなった理由

PlaystationVRを開封

2016年10月13日にPlayStation VR PlayStation Camera同梱版が我が家に到着。
20161029_psvr01
夜遅く帰って来たにも関わらず、期待いっぱい、胸いっぱいのワクワク感が我慢できず、翌日の仕事のことは忘れて、ヨドバシカメラから届いたPSVRを開封。
20161029_psvr02
未来と思っていたVR空間が体験できる青い箱のお出ましです。
20161029_psvr03
青い皮をひっぺがすと、そこには白い箱が出現。
20161029_psvr04
さらにがばっと開けると、また青いベールに包まれた物体が現れました。
20161029_psvr05
青いマニュアルを取り出し、一段とって、また一段。
20161029_psvr06
次から次へと色々なものが出てきます。
ざっくりとこんな感じです。
20161029_psvr07
これをキレイにパッケージに戻せる気がしません。
20161029_psvr08
新型PS4 Slim本体と似た質感の中継ボックス。
20161029_psvr09
ここにもたくさんの端子があります。
各種ケーブルに番号がはってあったりして、説明書を読みながら順を追ってやれば迷うことなく接続できます。
でも、なれるまでが大変そう。
20161029_psvr10
そして身体の動きとかをキャッチするカメラ。
20161029_psvr14
このセンサーカメラの設置位置によってもPSVRのプレイに影響がでてくるので、セッティングには細心の注意を払います。(少し大げさですが)
そして、ざっくりと中継ボックスにケーブルを繋げていくとこのような感じ。
20161029_psvr16
もうケーブルだらけでゴチャゴチャです。
テレビの周りがケーブルだらけで収集がつかない状態になっています。
20161029_psvr18
このテレビの横にはWiiやテレビ端子にはAmazon FireStickが挿し込まれていて、そこからも電源ケーブルがでているので、もうケーブルが絡まり放題。
奥さまに終わったら全部外してと言われてしまいます。
確かに見栄え悪すぎるわ・・・
そしてこちらがPlayStataionVR本体。
20161029_psvr19
大枚はたいて買ったBOSEのヘッドホン付けています。
20161029_psvr21
PSVRのゴーグル部分。
ヘッド位置の調整とかも一苦労です。
サマーレッスンを終えて、全部のケーブルをテレビから外したところ。
20161029_psvr22
正直これを取り外すだけでもけっこうな手間でした。

買ってから2週間後のPSVRの扱い

こちらが54000も使って、胸いっぱいのワクワク感を持って迎えたPSVRの2週間後の現在の姿です。
20161029_psvr23
もう10日くらいこの状態です。

なぜPSVRを使わなくなったのか

いまだに品薄でオークションとかで1.5倍の値段とかで売られているPSVR。
発売日に定価でポイント5000ポイント付という恵まれた状況で買えたにもかかわらず、なぜゲームをプレイしなくなったか?
遊びたかったゲームが「サマーレッスン」と「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」だけでした。
これがプレイ時間が短いし、ゲームというよりはVR体験の入門的なもので、ゲーム性というと皆無に等しいもの。
それゆえに何度もプレイする気にもならず、さらにはプレイごとにPSVRを取り外し、また3分くらいかけて接続して、カメラ位置調整して、ゴーグル装着と調整と、プレイする手間がとにかくかかりすぎです。
これが一番の要因です。
でも真意は片付けが強制されるのは何も奥さまが怖いからではありません(汗)
8歳の娘がPS4のマインクラフトで遊んでいます。
13歳未満の子供がPSVRをプレイすると斜視になる確率が高いという検証結果があるというのが一番恐れているのです。
ダメといっても話題の製品がテレビで取り上げられていて試したいと言っていたので、つなげっぱなしはマズイと思いました。
親としてはゲームは二の次。
子供の成長に害するものがあればそれを省いておかなければならないと思っているから、PSVRは接続しっぱなしにはできませんでした。
勿体ないけれど、また面白いゲームがでてくる日まで、ダンボールの中かな?

PSVRで映画鑑賞は微妙

PSVRで200インチスクリーンの映画鑑賞。
それが私の中で最もPSVRに期待したものでした。
いざBlu-rayディスクの映画を再生してみると、たしかに映画館のセンター席から座っているような感覚で見ることができます。
頭の向きを変えることで、映像の方向も音の聴こえ方も変わってくる点は、さすが映画館の仮想空間を体験できる装置だと思いました。
映像は確かに大きく見えるよう(疑心をいただくとダメです)に思えなくはないのですが、PSVRで映画を見ると目の疲れがハンパない。
頭も痛くなるしで、この疲れを補えるほどの魅力にはなりませんでした。
ソファに横になって、ポテトチップスとコーラを片手に40インチ液晶で見てる方が、リラックスして映画鑑賞できます。
慣れの問題もあると思いますけどね。
なんだかんだと期待が大きすぎたのかもしれませんが、現状はダンボール行きとなってしまいました。
発売したばかりなので、これからのゲームソフトに期待しています。
PSVRのゲーム一覧をつくりましたので、よろしければチェックしてみてください。

PSVRゲームソフト一覧ページはこちら

返事を書く