オーエム製のキャノン互換インクBCI-321+320/5MP互換(5色パック)を買ったのでCanon PIXUS MP630で試してみた(レビュー)

我が家で使っているキャノンのインクジェットプリンタCanon PIXUS MP630のインクが切れました。
純正インクを買おうと思ったのですが、商品を選んでいる途中でふと目に入った互換インク。
オーエム製のキャノン互換インクBCI-321+320/5MP互換(5色パック) 980円!

1色の値段で5色セットが買えてしまうじゃないですか。
互換インクというと「プリンタが認識されない」「インクが詰まってプリンタが壊れた」なんて声もちらほら聞こえます。
いくつか互換インクを探してみました。その中でも際立って評価が高かったのが
オーエム製のキャノン互換インクBCI-321+320/5MP互換(5色パック) です。
楽天市場のパソコンサプライ品では名の通っているサンワのオンラインショップで取り扱っているという点、レビューでの評価が高いということで、人生初のインクジェットプリンター互換インク購入に踏み切ったわけです。

到着した商品を開封。

今回購入したBCI-320/321互換インクの適合機種は以下のPIXUSシリーズに対応しています

MP990/MP980/MP640/MP630/MP620/MP560/MP550/MP540/iP4700/iP4600/iP3600/MX860/MX870

 


カートリッジがスケルトン仕様で中が見えると、これでいいの?と少し不安に・・・


セットをすると、純正インクではインクのところが光るのですが、互換インクではランプの点灯なし。


しかし、無事にプリンタが認識しました。

実際に印刷してみると、目詰まりすることもなく印刷ができました。
普通紙、DVD-Rのレーベル面の印刷ともに問題なく、純正と遜色ないできあがりです。

但し、パッケージにも記載されていますが、純正は数十年退色しないようですが、この互換インクでは長期間の保存では退色する可能性があると記載されています。
アルバム保管するような写真印刷は純正をおすすめしますが、それ以外の書類程度の印刷だったら十分な気がします。
というわけで、当面は互換インクを買い続けそうです。