LOVE SO LIFE 最終回 無事完結したけど、恋愛部分をもっとやってほしかった

花とゆめ16号(2015年8月8日号)でこうち楓先生の「LOVE SO LIFE」が最終回を迎えました

20150719_lovesolife-end01

7年も連載していたんですね。
20150719_lovesolife-end02

最終巻の17巻は2015年9月18日発売予定です。

最終回の内容はというと、詩春が高校生時代に松永から指輪と未来の告白(10年後のプロポーズ)をしてから約6年後。

20150719_lovesolife-end10
20150719_lovesolife-end11
20150719_lovesolife-end12
20150719_lovesolife-end13
20150719_lovesolife-end14
20150719_lovesolife-end03
詩春は無事保育士になったものの、松永はテレビアナウンサーとして人気はうなぎのぼり。
20150719_lovesolife-end05
合う時間が少なく、何もないまま時間だけがすぎる二人の関係。
20150719_lovesolife-end04
追い打ちを掛けるように、松永は自制心を保つために、詩春を結果として避けるようにみられるような行動に走ってしまいます。
避けられている、もう約束は無効になってしまったかと思い苦しむ詩春は、ついに胸のうちを松永にぶつけます。
20150719_lovesolife-end06
それに対する松永がだした答えがこちら。
20150719_lovesolife-end07
いきなりキスですか???
かなり唐突すぎて詩春も読者もびっくりな展開。
20150719_lovesolife-end08
そして「私で良ければ」というワンシーンへつながりますが、これが何を意味するのかは、ぜひ花とゆめ16号か、LOVE SO LIFE 17巻を買って見てください。

ハッピーエンドで終わりはしましたが、詩春と松永の恋愛要素が数話で終わってしまい、不完全燃焼気味です。
「ベビーシッター詩春のハートフルDays」というキャッチフレーズが示すとおり、ベビーシッターが軸の物語なので、そのベビーシッター部分が解決してしまえば終わってしまうのも仕方ないのでしょうけど。
個人的には二人が付き合い、その後週刊誌にスクープされ、追いかけられる詩春をどのように松永が守るか!?それを乗り越えてめでたく結婚。赤ちゃんが生まれて本当の家族の幸せをつかむ。
とか、そんな二人の関係とエンディングを妄想していました。
二人だけの恋愛要素が数話で終わってしまうのはもったいないというか、残念です。
でも絵柄が気に入ってから、嫌な部分がなく、ほっこりとピュアな心で読めた、癒され系マンガ。
終わるのが残念ですが、秋ごろに番外編が掲載されるようなので、そちらも楽しみです。

楽天での購入はこちらをクリック

返事を書く