【更新情報】あまちんは自称♂ 1巻 レビュー

白身魚氏のイラストで「されど僕らの幕は上がる。Scene.1」を衝動買い

20150811_makuwaagaru1
ラノベ「されど僕らの幕は上がる。Scene.1」を白身魚先生のイラストに惹かれて買いました。
ヒロインで主人公の憧れのアイドル「青葉ひなた」目当てです。

ストーリー的にはカラーの挿絵に描かれているシェアハウスに集まった男女7人。

のラブストーリー(ラブコメ)が展開されると思いきや、ミステリー色が思いのほか強め。まだ恋色沙汰は弱いです。

気に入ったキャラクターの青葉ひなたは強めのツンデレ(まだデレてないが)。

常に怒っていることが多かった気がします。

早くデレるシーンを見たいです。

サービスシーンもあったりします。

『「あんた、非業の最期を遂げたいの?」憧れのアイドルひなたとの共同生活を夢見て、人気リアリティー番組『シェアハウス』に乗り込んだ香椎涼太の幻想は、入居直後に砕かれた。ひなたの本性は苛烈で、他キャストも個性的。唯一の支えだった琴は、ある日突然失踪してしまい…!?動揺を隠せない涼太を置いて「台本のない青春」は進行する。不自然な『設定』や『卒業』―なぜ、彼らはここに集められたのか。答えの見えない青春活劇、開幕。 』

「されど僕らの幕は上がる。」はScene.2で完結です。