漫画版【この世界の片隅に 上・中・下巻】レビュー:戦時中を前向きに生き抜く姿に感動

2016年11月12日に片渕須直監督によってアニメ映画となり公開されるや、話題沸騰となった「この世界の片隅に」。
映画は観に行くことができなかったものの、評判が良いようなので、漫画を買うことにしました。
この世界の片隅にのコミック上中下の3冊
こうの史代先生の作品で、「漫画アクション」に掲載されていたものをコミックとして上中下の3巻で発売されたものですが、
作品公開が2007年1月23日号から2009年1月20日号までの連載と、10年前の作品ということに驚きました。
内容は戦争と広島をテーマに軍港の呉を舞台に、主人公浦野すずの半生が描かれます。
子供の時代から描かれるところからスタート。

そして、成長した学生のすずに縁談の話が入ります。

すずは思いのほかすんなりと見合いを受け結婚をします。

良い話ばかりではなく、戦時下とうことで苦難の日々が続きます。

それでも外見の弱そうなイメージとは違い、芯の強い女性として、苦しいながらも前向きに戦時を生き抜く姿に、じわじわと感動が押し寄せます。
内容は戦時下の日常系漫画といった感じで、桁外れに凄い出来事があるわけではありません。
でも、日常的なシーンが描かれているからこそ、オーバーな描写がなくても、些細なことでも幸せを感じられる、そんな心が癒やされる物語です。
作品中にでてきた言葉で「みんなが笑って暮らせればいい」。
誰もが願うささやかだけど、とても難しい願い。
家庭を持っている身としては、とても心に響いた言葉でした。