【LIFE SO HAPPY 第7話】ネタバレ・感想:葵くんの心の葛藤

花とゆめ2017年3号に掲載されたこうち楓先生の「LIFE SO HAPPY」第7話のレビュー・感想です。
ネタバレ含みますのでご注意ください。

同級生を守る為にいじめっこの顔に墨を塗りつけた葵くんが、生活指導室に呼び出されます。

お互いに主張を一歩も譲らず、親が迎えに来て、そのまま自宅で家族会議。

パパの意見は先に手を出すのは幼稚。大人はない事も話し合って解決させるものだと諭します。
先に手ぇ出すなんて幼稚だぜ
よくわかんない相手とは話をするしかないと思うとまっとうなアドバイスもきちんと親らしくします。
よくわかんない相手とは話をするしかないと思う

幼稚という言葉がこたえたらしく、次の日から横田くんに謝罪を求めるよう、話し合いをしようと奮闘します。

そして、もみ合ううちに、横田くんに手を振りほどかれた勢いで階段から転落しそうになります。

階段から転落しかける中、「納得いかない事を受け入れられる程、まだ僕は・・・」と、詩春を思い浮かべます。
まだ僕は
双子の中で詩春の存在はやはり大きいようです。
双子の成長にハラハラしっぱなしです。