【からかい上手の高木さん】ゲッサン2月号レビュー:西片に迫る高木さん!

山本崇一朗ワールド全開

2018年2月号のゲッサンはからかい上手の高木さん好きなら買って損がない号になっています。
表紙ではカラーの高木さんだけでなく、山本崇一朗先生の新連載作品「くノ一ツバキの胸の内」のヒロインが、性癖のおでこパワー全開の魅力的なイラストで描かれています。
また、2018年1月から始まったテレビアニメ「からかい上手の高木さん」の声優である、高橋李依さん(高木さん役)と梶裕貴さん(西片役)のスペシャルからかい対談が見開きで掲載されていて読み応えのあるインタビュー記事になっています。

新連載「くノ一ツバキの胸の内」開始

くノ一ツバキの胸の内
新連載となるく「ノ一ツバキの胸の内」第1話が掲載されていました。
キャラクターはおでこが艶やかな忍のヒロインが男のいない場所で、見たことのない男性像に妄想全開。そして初めて出会う男性とどうなるのか?といった感じで、高木さんとは違った物語が今後も楽しみです。

高木さんの西片大好きモード全開

本編のからかい上手の高木さんの今月号は、2話掲載されていますが、どちらも高木さんが妙に大好きオーラを出していた気がします。

最初は体育倉庫内に閉じ込められた(ように仕向けた)中での、西片と高木さんの心理戦。
西片の攻めは最初からお見通しだったのはいつも通りですが、体育倉庫で二人で何をしてたの?って勘違いされちゃうよと言う高木さんが、なんか誘っているような表情で、見ているこっちもドキドキする展開。


2話目のジュースでの間接キスをめぐった攻防。
西片が一人で自滅を重ねていくわけですが、二人で1本の缶ジュースしか買えない状況になって高木さんは「間接キスでもしたいのかな?」と煽ります。
高木さんの方がしたそうな表情に見えたのは気のせいか?

2018年2月号のゲッサンは電子版だけではなく、紙媒体でも買って保存したくなるくらい満足度の高い号でした。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事