週刊少年マガジンに連載中の春場ねぎ 原作『五等分の花嫁』3巻を買ってきたのでレビューします。

五等分の花嫁 3巻 あらすじ


「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。勉強を頑張った五つ子たちと共に行った花火大会では姉妹たちの願いを叶えることに成功し、少しずつお互いの信頼が深まってきたことを実感。だがその矢先、中間試験目前に五つ子たちの父親から「五つ子たちの赤点=即クビ」という条件を告げられる。風太郎は、中間試験を五つ子たちと共に突破できるか──!!

五等分の花嫁 3巻 レビュー

五等分の花嫁 3巻のメインは五つ子たちの父親から「五つ子たちの赤点=即クビ」という条件がだされ、それをクリアできるかどうかという話をメインに展開されます。

風太郎が家庭教師でいることによしとしない五つ子には当然秘密にしたい条件。
しかし、よりによって一番敵意をもっている二乃に赤点を取ればクビということがばれてしまう。

風太郎に勉強を教えてもらうことを拒む五月。
褒められるとほほを赤らめまんざらではないご様子。

この巻で一番おもしろかったのが、四葉を除く4人と風太郎が人助けをして登校時間を過ぎる危機を、ドッペルゲンガーを使って回避しようというもの。

4人が成功した後の、オチで風太郎が四葉になりきって正面突破しようというもの。
ここが一番笑えました。シュールなシーンですが、当然クリアできるわけがありません。

徐々に五つ子の好感度を上げていく風太郎。
四葉からは「好きだから」と告白される。
嘘というオチがあるものの、本当にウソなのか?という、まんざらでもない感じをうける。

最も風太郎への好感度が高く、明らかに好意をもっている三玖。
「なんで好きな人と付き合うんだろ」と、恋心に揺れる。
風太郎は一人ずつ着実に好感度を上げている。五つ子ハーレーム形成も時間の問題といったところか?

4巻では二乃のハートもつかみそうな気配。
少年誌らしい、今では珍しいくらいエロが少なく、純粋な学園ラブコメとして貴重なマンガ。
学園ラブコメ好きな方にはオススメできるコミックスです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事