十三木 考『トラップヒロイン』の第2巻のレビューです。

トラップヒロイン 2巻 あらすじ

小日向ってxプールの水着、どっちなんだろ。
俺のルームメイト・小日向真は男子。
なんだが、女子の制服を着て、女子みたいなか細い手足で、女子みたいな声と仕草。
コイツ、本当に男なのか??
小日向に振り回され続け、気づけばプール開き。
クラスは小日向の水着が女子用か男子用かで大盛り上がり。
そんな中、なぜか俺にはクラスで一番カワイイ女子・穂月からデートに誘われたり、保健室で二人っきりになったり。
可愛すぎる男子(?)と可愛すぎる女子に振り回される、青春学園ラブコメディー第2巻!

トラップヒロイン 2巻 レビュー

ヒロインの「小日向真」は女子の制服を着て、女子みたいなか細い手足で、女子みたいな声と仕草。でも自称男の子。
そんな小日向とルームメイトになった千路田(りろだ)。
実は女の子なんじゃないかというクラスの男子の注目の中、水泳の授業がはじまる。

水着という性別が一発でバレてしまうシチュエーションでどのように話をもってくるのか想像できなかったのですが、スカートつきのスクール水着という、予想だにしなかった展開。
この手があったかと、少し残念な気持ちになってしまた。

2巻はこの穂月に終始翻弄される回となっています。

クラス一の美少女が保健室で、しかも下着姿で迫ってきます。

三角関係かと思いきや、単に千路田を利用する為にしかけてきたことだった。

小日向が女だってことを証明したがる穂月。

当然のごとく断る展開だが、部屋で寝込んでいる小日向を見て性別を確認したい衝動にかられ、ショートパンツに手がかかる。
それでもなんとか自制心が働いて、事なきを得たのですが。

穂月の罠にはまり、ロッカーに隠れる必要性がでたが、間一髪のところで救われる。

熱中症で意識を失った千路田。抱きかかえる小日向のもとに穂月がくる。意地の悪い質問に、コトの犯人を見透かしたようで、睨みつける。
その表情は凛々しい美男子にも見える。

そして、小日向と穂月が水泳で対決することとなった。

小日向が勝つも、穂月にとっては勝ち負けは関係なくスカートを剥ぎ取って性別をクラス全員の前で晒すのが目的だった。
そんな罠にハマってしまう。

足がつって溺れそうになるところを助ける、男前の男の娘。
惚れてしまいそうなほど、そこら辺の男どもよりも男らしくカッコいいです。

そして穂月が主人公たちが同居する寮へと引っ越してくる。
三角関係への発展もありえる?続きの3巻でも展開が楽しませてくれそうです。

最後は小日向が熱をだして寝込む展開。
からだを拭いてもらおうとか、破壊力抜群の男の娘ヒロイン。

物語の最初はありきたりでどうかな?と思いましたが、読めば読むほど面白い漫画。
小日向と穂月との会話で、本当は女の子と思わせるようなセリフがありました。
健全な男女の恋愛ハッピーエンドの可能性の含みをもたせて、今後の三人の関係が楽しみなトラップヒロイン。コミック3巻も続きが楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事