おすすめ漫画


週刊少年マガジン 2019年6号の金田陽介『寄宿学校のジュリエット』第87幕は、前回までで主人公の犬塚 露壬雄(いぬづか ろみお)とジュリエット・ペルシアの恋仲が全校生徒の前でばらされれ、二人は全校生徒から猛烈な批判を浴び、追放の危機に陥る。

前回までのあらすじ

敵対する2つの国の生徒が通う学園内で対立する2つの寮のそれぞれの2年生リーダーである、犬塚とペルシアは全校生徒に秘密の恋仲。
しかし、監督生選抜選挙投票日当日に玲音によって二人の秘密が暴露されてしまう。
密会のシーンの写真だけでなく、逢い引きする際にジュリ男として男装していた決定的瞬間の写真まで盗撮され暴露され、全校生徒から騙されたとしてブーイングの嵐を浴びる。

丸流とジュリ男の友情


犬塚とペルシアの味方であり、影響力をもつ仲間でさえ介入できないような危機的状況。
なかでもライバルとしてお互いに競い合ってきた丸流(まる)は怒りの頂点に達する。

犬塚を攻撃する丸流をとめに入ったペルシア。
怒りの矛先は男装姿のジュュリ男に切り替わる。
本当の友達だと信じていたことへの裏切りと思い込み、ペルシアを攻撃する丸流。
防戦から背負投げで丸流を仕留めることができる形成になったところで動きが止まる。

ペルシアにとって黒犬ではじめてできた友達。本当の友達になりたかったというその言葉、そして仕留めることができたのにそれをしなかったペルシア、いやジュリ男の友情が本物だと確認する。

犬塚とペルシア側につき、友達の味方をすることを宣言した丸流がすごく男としてカッコいい!
形勢逆転になるか?
週刊少年マガジン 2019年6号もぜひ読んでみてください。
丸流の男気に惚れますよ(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事