おすすめ漫画


しめさば氏によるライトノベル『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』がコミカライズ。そのコミック1巻が発売されましたのでレビューです。
漫画『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』は、原作「しめさば」、キャラクター原案・イラスト「ぶーた」、漫画「足立いまる」により、月刊少年エースA 2019年1月号より連載がはじまった作品です。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 レビュー

主人公はIT企業に勤める26歳の普通の会社員「吉田」。
吉田は2歳年上の上司であるIカップの後藤さんに告白をするが、すでに恋人がいると言われ玉砕してしまう。

失恋で泥酔状態の吉田は帰り道で、路上に座り込んでいる女子高生と出会う。

女子高生で本作のヒロインである「荻原 沙優(おぎわら さゆ)」は、半年前に北海道からカラダ一つで家出して上京してきた。

彼女は住所不定。つまり特定の家がない。カワイイ女子高生とスタイルのよい身体を代償にして寝処の確保をしていた。
つまり肉体関係を条件に見ず知らずの男性の家に泊めてもらっていたのだ。

沙優は貰った分を返すのが当たり前だと思っている。自分が返すことができない恩は受け取れない。そんなポリシーをもって行動してきた。

今まで出会ってきた男たちの要求雨は、最悪の方法であったが、それが最良の恩返しと考えていたのだろう。

吉田は沙優から再三カラダをつかって恩返ししようと提案をしてくる。

そんな彼女を、もっと普通に青春して、恋して、馬鹿みたいに笑って生活できるよう、本来の年相応の心と生活ができるようになるまで、家に沙優を置くことを決意した。

不幸だった青春を挽回し、本当の幸せを取り戻せるよう、吉田が幸せの道をつくってくれると信じたいです。

同居JK、会社の後輩、失恋した上司たちと、この先も波乱万丈!?


『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』は吉田と沙優の同居生活の中で、どう心の更生をしていくのか、また年の差を越えて恋愛感情の芽生えがあるのかといった点にどうしても焦点がいってしまいます。

「こいつが来てよかったな」と思ってもらえるように目指そうとする沙優。

徐々に感情に変化がみえてきます。それがパパとしてみた親への恩返し的なものなのか、恋愛感情なのか、それは原作のラノベで心情の変化を垣間見ることができますので、コミックを読んで先が気になる、もっと心理状態を知りたいという方は原作のラノベをおすすめします。
そして、ラブコメ漫画なので、当然のごとく主人公である吉田のことを周囲の女性が放ってはおきません。
会社の後輩の女子社員「三島」。馬鹿みたいに明るい彼女、仕事を失敗してもけろってしてるが、徐々に仕事への姿勢に変化がおきる。

それが社会人としての自覚だけではなく、先輩である吉田の存在が大きい。

運命の人と臭わせるセリフを公言するシーン。もう告白しているようなもので、好意をまったく隠すことなく突き進みます。

さらに吉田からの告白をふったはずの後藤までもが意味ありげなセリフをはくなど、周囲もきな臭くなってきます。
小説では沙優が以前世話になっていた男が現れきたりもしています。
ヒロインが非処女は許せないという方にはオススメできませんが、物語はそれが気にならなくなるくらいに、ヒロインに幸せな人生を歩んでいけるようになってほしいと応援したくなるようなストーリー展開になっています。
ぜひ、原作とあわせて読んでみてください。
一気に『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』の魅力に吸い込まれますよ。

アニメ化?声入り広告動画配信中

YouTubeで『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』コミック1巻のCMが配信されています。
ナレーションは東山奈央さんが担当しています。
人気も上昇中なのでもしかしてアニメ化されちゃうかも!?
世論の厳しい中で、物語設定がひっかからなければテレビアニメになってもおかしくない気もしますが、どうでしょう?

<

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事