おすすめ漫画
ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション

週刊少年マガジン 2019年29号の春場ねぎ『五等分の花嫁』第90話のレビューです。

四葉になった経緯がわかるお話

『五等分の花嫁』第90話では、89話に引き続き四葉の上杉風太郎に対する想いを綴る回になっています。
四葉が原因となり転校することになった五つ子。その学校で偶然にも風太郎と再開した四葉。

5年ぶりに再開した二人だったが、風太郎はまったく気づかない。
子供の頃に四葉はお母さんのために、風太郎は妹のために一生懸命勉強しようと約束した二人。
風太郎は昼食時にも勉強を頑張っている。一方で自己顕示欲のために勉強を疎かにして落第。そのあげく、五つ子が転校する原因となってしまった四葉。
頑張り続ける風太郎を前に、名乗り出ることを恥じんでできなかった。

それでも風太郎が家庭教師になり、勉強を頑張れば自分のことを言ってもいいかなと、淡い恋をうちに秘め、怒られても笑顔で頑張れた。

他の五つ子に負い目を感じ身を引く四葉

初恋。願わくば風太郎と再びという想いをもって勉強に勤しんでいた。

しかし姉妹が次々と風太郎に好意を寄せていくのを感じ取ってしまう。
寂しさを感じるも、「皆が上杉さんの素敵なところに気がついてくれてよかった」とポジティブに考える。
ある日、五月が風太郎に勉強する理由を教えてほしいと迫った際、昔の四葉とのことを覚えていてくれていたことを知り動揺する。
自分だと言いたい、でも自分だけ特別扱いをして他の姉妹を道連れに転校したことに背徳感を感じ、思い出も想いも消してしまうことを決意した。
五月に変装を依頼し、楽しそうにしている二人を遠くから見つめる四葉があまりに切なすぎる。

私だけが特別であっちゃいけない。上杉さんが誰を好きになったとしても全力で応援する立場を決め込んだ。
初期段階から常に四葉が風太郎の味方になっていたり、高感度が高かったのも納得がいく。そう思って、五等分の花嫁のコミックを読み返すと、まったく違う見方ができ楽しめる。

「ずっと好きだったよ」

四葉の気持ちに気づいている五月は、本当このままでいいのかとたずねるが、もう言わないでと決意は揺らがない。
他の姉妹への罪滅ぼし。そう思っているのであればあまりに悲しい決断に感じる。

普段呼ぶ時「上杉さん」と呼び続けていた、それを「風太郎君」と想いに決別するかのように言い直してからの、「ずっと好きだったよ」の一言。
あえて「上杉さん」と呼んでいたことの理由の重さを知る。
これはテレビアニメ二期で放送されたら泣くわ。
コミック10巻の途中までは風太郎争奪戦の蚊帳の外にいたと思っていた四葉が、10巻の最後からここにきて四葉株がストップ高です。