おすすめ漫画
ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション

山本崇一朗『からかい上手の高木さん』のゲッサン2019年7月号の最新話レビューです。
2019年7月にはテレビアニメ2期の放映、そしてコミック11巻も発売と、依然として勢いの落ちない漫画。
本編ではごまかしながらも「好き」って言っちゃうし、やってることはもうほとんどカップル同然で、読者はイチャラブを見せ続けられるという作品。
もう告白しちゃえよと言いたくなるほど、今月号もイチャイチャしています。

高木さんレーダー!無言でもイチャついてる感が溢れ出ている

からかい上手の高木さん最新話では今までにない手法で話が展開されます。

セリフがない!しかもその理由が西片が備えている高木さんの気配を感じとる「高木さんレーダー」で、いかに気配を感じ取れるかのやり取りをするという、斬新(笑)な展開です。

それにしても、高木さんのこの幸せそうな表情ったらありゃしません。

必死に西片の高木さんレーダーを混乱させるために疾走する姿も笑顔に満ち溢れています。

高木さんからの「好き」にいい加減気づけよ

西片が好きな漫画『100%片思い』のグッズを変装してUFOキャッチャーに挑戦しに来るも、高木さんに変装もその場にいるのもバレてしまう。
高木さん、西片の行動把握しすぎてちょっと怖いくらいですが。
その中で「好きだから」という言葉を西片に向けて投げる。

好きのうわべは違うことだと言っていましたが、確実に高木さんは西片のことが好きだよと言っているとしか思えません。

おそらく今回のもコミック11巻に収録されるかな?
これだけ見せつけられると、よその漫画なんかだとリア充○ねなんて言葉がよく出てきますが、『からかい上手の高木さん』に関してはそういった言葉をあまりきかない。
そもそもがイチャラブを見るための漫画みないなものですからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事