【更新情報】君に届け 最終回レビュー

『からかい上手の高木さん』5巻 レビュー:結婚?読者もからかわれてる?

小学館の少年漫画雑誌「ゲッサン」にて連載中の、山本崇一朗『からかい上手の高木さん』のコミック第5巻が2017年2月10日に発売。
マンガ大賞2017ノミネート、累計150万部突破等、話題になっていたので買って呼んでみましたので、それのネタバレありの感想レビューです。

山本崇一朗『からかい上手の高木さん』第5巻
表紙のカバーをめくるとラフ段階のイラストをみることができますので、コミックスを買われた際は、ぜひ表紙カバーを外してみてください。

西片くんと高木さんが結婚?

からかい上手の高木さん5巻は初っ端から、何この展開?と思ってしまいます。
卒業アルバムを手にする謎の主婦。

昔のお母さんを指差す娘

小さな女の子はこの主婦の娘さん。
お母さんは卒業アルバムを見て昔を懐かしんでいたところ。
昔のお母さんと指差したところは、高木さん?

10年前の回想が高木さんと西片くんです。

ん!なにこれ、いきなり最終回のネタバレですか?
二人は結婚して子供ができているってこと?
読者もびっくりの展開。
そして帰ってくる旦那。
顔が伏せられているので西片くん本人かどうか、ハッキリとわかりませんが、この高木さんのカメラ目線でのしてやったり感の笑顔。

中学生時代と変わりません。

何事もなかったかのようにいつもの中学生時代

次の話からはいつもの中学生時代に戻ります。

高木さんのスレンダーボディーのお着替えシーンが表紙。
西片くんが買った本を当てる賭けで見事に当てた高木さん。
罰ゲームとして選んだのは水着選びに付き合うこと。
無邪気に選んだ水着を試着して見せる。

どうかなときかれ、照れて直視できない初々しさ。

そして、そんな様子をみて、からかい同級生が仕掛けてきます。
更衣室のカーテン越しに次に試着する水着を取ってほしいと指示します。

思春期真っ盛りの男子中学生。布の向こうは裸だと妄想モード突入です。
そしてわざと水着を取り損なうからかい上手の高木さん。

「一生テストで0点しかとれないのと、私とキスするの、どっちがいい?」とか、今回も女の子の武器をフルに活用しています。

形勢逆転?動揺する高木さん

いつもクールにほぼ一方的に優勢な高木さんですが、第5巻では動揺するシーンやちょっとしたサービスカットも多く、ファンには唾涎もののシーンが多くありました。
風が強い日に自転車に乗ってきていない理由を当てるところでは、自転車にのっているとスカートが捲れてパンチラしてしまうとか思ったという妄想。

夜に電話をするのが初めてという場面では、ちょっとドキドキするという、乙女な一面を見せる。

友達から大好きなゲームの誘いを断って高木さんと帰った理由をきかれ「高木さんと帰りたかったし」と直球で答える。
珍しくストレートに好意を言葉にして、見事なクリティカルヒットをみせる。

表情をかえずクールに見せていたが、実はドキドキしていた。

もう完全にカップルとして成立しているのではないかと思える場面が多く、読んでいてとてもほっくりとくる、ラブコメに仕上がっていて楽しかったです。
結婚生活と思われる話も入っていたし、もうくっつくしかない。そんな二人の決定的な巻になっていたのではないでしょうか。

それからバレンタイン特別マンガが【KYUNPAD】で無料で読めます。
高木さんの本音が垣間見えるので面白いですよ。