【恋と呼ぶには気持悪い 3巻】レビュー:サラリーマンと女子高生の心は近づくも、それぞれにライバルが登場

もぐす氏が描く年の差ラブコメ漫画「恋と呼ぶには気持悪い」3巻を買ってきました。

アニメが大好きなオタク女子高生「有馬 一花(ありま いちか)」と、ルックスも学歴も全てにおいて完璧なエリートサラリーマン「天草 亮(あまくさ りゅう)」。
ひょんなことから出会った二人。
女癖の悪かった亮が一花ひとすじとなり、超積極的にアプローチ。
気持ち悪がる一花だが、徐々に距離を縮める二人。そんな年の差ラブコメ漫画です。

今回3巻が発売となりましたが、すでに累計50万部とヒット作品になっていました。
さて、「恋と呼ぶには気持悪い」3巻は徐々に距離を縮める一花と亮それぞれに、恋敵となりそうな空気がでてきます。

亮の会社では棘がなくなるとか雰囲気が変わったと話題に。
亮が一花へ電話している会話を立ち聞きした女子社員から、敬語を使い尽くしているような会話から、年上の包容力ある女性と付き合い始めていると噂がたちます。

 

一花のクラスメート多丸快は一花と亮がコンビニで一緒にいたのを見てしまい、どう思っているか聞いてきます。
「何聞いてんだ俺」と、自分でも困惑しているが、確実に想いをよせはじめているのは間違いない様子。
亮の妹の理緒から「多丸も一花のこと好きなの?」と聞かれ否定するも意識し始める自分に戸惑いをみせる。

 

恋人たちの一大イベントのクリスマスがやってきます。
プレゼントをお互いに理緒に聞いて買います。
そんな二人の考えることは同じで、お礼にプレゼント何にしようかと悩みます。

 

二人がだした結論は三人でクリスマスパーティーを楽しもうという提案。
兄と友達が仲良くなることで嬉しい反面、疎外感にどことなく寂しさも感じていただけに、とても喜んでいます。

 

一花は修学旅行で沖縄に行きます。
それを知って、出張申請を本気で行ってしまった亮。いくらなんでもやりすぎです。

 

修学旅行中、多丸が一花にアプローチをしはじめます。

 

一方で亮の方にも新しい恋敵が出現?
廊下でぶつかってしまった同期の松島。
一花が大好きなアニメのアクセサリーキーホルダーが、衝撃で落ちて亮に見つかってしまい、隠し通していたオタクを知られて絶望に落ちます。

 

しかし亮の反応は意外なもので、一花が好きなアニメと知って、すべて見ていたものだから、普通にアニメトークを展開。
「好きなもの我慢するのってつらいと思う」と持論を展開。
一気に亮への好感度アップです。

 

メインの二人も電話越しでお互いに寂しかった想いを伝えます。
今まで完全に一方通行だった恋も、だいぶ変化が生じてきました。

 

想いが近づく二人に、タメの友人がアプローチを始めてきます。
四角関係に発展するのか?今後も期待のラブコメ漫画です。