【更新情報】あまちんは自称♂ 1巻 レビュー

【冴えない彼女の育てかた 13巻(完結)】レビュー:メインヒロインの恋愛は超積極的

【冴えない彼女の育てかた 13巻(完結)】レビュー
丸戸史明氏によるラノベ『冴えない彼女の育てかた』13巻が発売されました。
富士見ファンタジア文庫の書き下ろしの長編として2012年7月に第1巻が発売されてから5年で完結となりました。

あらすじ


「俺・・・恵が好きだ!三次元のお前が好きだ!」
”転”のイベントを乗り越え「blessing software」の新作ゲームも完成までラストスパートを迎えた俺は、恵への一大決心の告白をした。「お前を、胸がキュンキュンするようなメインヒロインにしてやる!」桜舞い散るあの坂道での運命の出会いからすべては始まった。いくつもの困難にぶつかりながらも、一緒に夢を追いかけてくれた仲間たちがいたからこそ、向き合えた想い。
「わたしは、あなたが望む、メインヒロインに、なれたかな?」
もうお前は、冴えない彼女(ヒロイン)なんかじゃない、胸がキュンキュンするメインヒロインだ!
冴えない彼女との恋物語、完結!

冴えない彼女の育てかた 13 最終巻レビュー


冴えない彼女の育てかた最終巻となったわけですが、とにかく加藤恵が積極的に主人公である安芸倫也に仕掛けてきます。
最初の告白から、濃厚で何度もキスと「好き」というセリフを言わせ、高校生から大学生に変わった途端、最後の一線を越える準備とフリをしてくるという恋愛に対して超積極的な彼女です。
一途を通り越して、独占欲とか、束縛とかすごそうな雰囲気が全開で、少し怖いくらいかも。
とにかく本巻では終始いちゃつきまくりです。
一方、澤村・スペンサー・英梨々や霞ヶ丘詩羽先輩の両者へも、恵と付き合うことによるケジメをつけるわけですが、少し切なくなるシーンに、深崎暮人 氏のイラストが破壊力抜群の挿絵をぶち込んできてくれます。
加藤恵ファンなら文句なしの買い!英梨々や詩羽先輩ファンには毒かも・・・

本編で『冴えない彼女の育てかた Girls Side 3』が絡んでいる話があるので、こちらを先に読んでおくとより楽しめると思います。

ファンブックが2018年3月にねんどろいど付で発売


冴えない彼女の育てかたのファンブックの刊行が決定しました。
『冴えない彼女の育てかた Memorial』が2018年3月発売。
ねんどろいど 加藤恵 ヒロイン服Ver.付き限定版です。