小説【おいしいコーヒーのいれ方】20年つづいているものの新刊と終わりはいつ?

私が20年続いているものがあります。
それは、村山由佳先生が書いている小説「おいしいコーヒーのいれ方」を欠かさず読んでいることです。

20140815_cofee2

いや、平凡な恋愛小説でまさかこれだけ引き伸ばされるとは思いもしませんでした。

気づいてみれば18冊にもなっていました。

20140815_cofee1

本シリーズに関してはかなり執筆ペースが遅く、年に1巻くらいのペースで発売され、最近は1年に一冊、6月前後に発売されていたのですが、今年はそれさえもない状況。
ここ最近は主人公のショーリとヒロインのかれんの話ではなく、サイドストーリー的なはなしばかり。主人公であるにもかかわらずショーリは蚊帳の外状態です。
そして書籍の中では10ヶ月間のはなしを現実的には3年かけて描かれている始末。
20年も買ってますから、いまさら引くに引けない状態ですが、せめて年に一冊の発刊と、主人公とヒロインの本編を進めていただきたいものです。

 

【作品関連リンク】
村山由佳の「COFFEE BREAK」(集英社によるおいしいコーヒーのいれ方の公式サイト)
村山由佳 公式サイト YUKA BLUE(著者の公式サイト、ただし2010年から更新されていない)
村山由佳 Twitter

 

返事を書く