【更新情報】あまちんは自称♂ 1巻 レビュー

コミック自炊用に断裁機 カール事務機 DC-210N-B(限定色)を買ってみた

コミック自炊用に断裁機 カール事務機 DC-210N-B(限定色)を買ってしまいましたので、簡単なレビューをします。

dc210n1
dc210n2
dc210n3
コミックの自炊するにあたって、今までは「オルファ ロータリーカッターLL型 136B」を使って断裁を行っていました。
これはこれでお手軽価格で結構まっすぐに切れて重宝していました。

では、なぜ今回断裁機を買おうと思ったか?
一番の理由は、ケガをしたくないからです。
先日、カットしている最中にいきおいあまって定規から脱線し、危うく指をロールで切りそうになったのです。
慣れてきて慎重さが欠けていたんですね。

もう一つの理由はやはりスピーディーにキレイに仕上げたいという理由です。

使ってみてメリットとデメリットをあげてみましたので、購入を検討されている方は一意見としてご参考ください。

【メリット】

  • ケガしない
  • カットする準備の手間がかからない
  • カットする場所を選ばない(力を入れる必要がないので、床の上でもできます)
  • ガイドの位置を決めて、目盛りを覚えておけば、次から同サイズの本の設定が簡単(その都度、断裁余白を計らなくてすむ)
  • 力をいれずにまっすぐに切れる
  • 保管スペースをそれほどとらない。少なくとも自炊の主流断裁機である「プラス 断裁機 PK-513LN」や「大型裁断機・ペーパーカッター」と比べれるとその差は歴然
  • 子供がいる家でも安心して保管できます(安価な大型断裁機を、小さなお子さんがいる家庭におくのは危険ですから)
  • 替刃等の消耗品が安い

【デメリット】

  • 一度に30~40枚程度しか断裁できないので、1冊のコミックを3、4回分に分断しないといけない(結局カッター使うんですけどね)。分厚い参考書等には向きませんし、大量に自炊をされる方は大きく高値でも「プラス 断裁機 PK-513L」をオススメします
  • 商品代金が1万円と少し値がはります
  • 断裁にかかる時間は「オルファ ロータリーカッターLL型」136Bと変わらず(私は週に10冊未満なので問題なし)

結果としては買ってよかったと思います。
手間はかかりますが、余分な気をつかわず、安全に断裁ができますので。