2017年2月26日から東京外環道が利用距離に応じた料金に変更

2017年2月26日0時から東京外環道が利用距離に応じた料金制に変更されます。
当面は激変緩和処置として上限750円・下限270円、外環道と放射高速道路との1JCT間の大泉JCT~川口JCT等のETC利用者については現行料金510円とするといった処置がとられます。

普通車のETC利用例

大泉~三郷南(33.5km) 現行510円⇒新料金750円
大泉~和光(3.2km) 現行510円⇒新料金270円
大泉~川口JCT(17.5km) 現行510円⇒新料金510円

【注意事項】
ETCカードは通行中は車載器に挿入したままにしてください。
入口・出口でETCカードが車載器に挿入されていない場合は通信異常により利用区間が特定できません。
この場合、入口料金所から利用可能な最大料金を請求されるので注意が必要です。

関連記事

  1. 埼玉県の国立・市立高校一覧

  2. アクアリゾート いるまの湯

  3. 天然温泉 スパロイヤル川口

  4. 小さな旅 川越温泉

  5. 入間市の小学校一覧

  6. 2019年1月14日(月)「円照寺の弁財天大祭」