中華スマートフォン【Ulefone Future】レビュー・感想:買ってみたので早速開封して使ってみた

海外通販サイトBestGear.comから個人輸入した、ベゼルレスなスマートフォン「Ulefone Future」が届きましたので、開封レビューを行います。
Ulefone Future Smartphone Promotion

「Ulefone Future」が届いた

ベゼルレスなのに格安な中華スマートフォンの「Ulefone Future」がようやく届きました。
20160718_ulefone-future01
3月の前売りと同時に予約して6月末に発送、それから20日程で到着しました。
送料無料の一番安い発送方法を選びましたが、1ヶ月かからなかったのは、逆に早いくらいです。

「Ulefone Future」を開封

袋詰めされただけの包装をハサミで切り刻んで中身を取り出しました。
20160718_ulefone-future02
パッケージは意外と高級感出ています。ブラックパッケージはApple製品ばかり買ってきた私には新鮮です。
黒箱を開けると、下は赤い派手な外箱だったんですね。
20160718_ulefone-future03
2色使うとはなかなか洒落たことしてくれます。
同梱物は、QuickCharge2.0に対応した高速充電アダプターと、液晶保護フィルムが入っています。
最初から保護フィルムが貼られていますが、予備はなかなか手に入りづらいのでありがたいです。
とはいっても、ゴリガラス3だから液晶保護フィルム外して使おうと思っています。
せっかくの美しいベゼルレスフォルムのジャマなので。
20160718_ulefone-future05
外箱の上にUlefone Future本体を置くと、とても約2万円で買えるスマートフォンとは思えない豪華さを感じます。
20160718_ulefone-future19
本体背面はゴールドで、一瞬iPhoneと見間違うほど、パット見の完成度が高いです。
20160718_ulefone-future20
カメラもLEDライトも装備されています。
20160718_ulefone-future16
本体側面には、音量ボタン、電源ボタン、それから指紋認証がついています。
上側には3.5mmイヤフォンジャックがあり、最初に保護ピンが挿さっているのですが、これがけっこう抜けずに苦労しました。
20160718_ulefone-future15
下側にはUSB TYPE-Cのコネクタ端子部があります。
20160718_ulefone-future13
iPhone(左)とUlefone Futureを並べてみたところ。
画面が大きいとみやすい。ただ、持ち運びや普段使いにはiPhone6sのサイズ感が最適ですけどね。

「Ulefone Future」の日本語化は簡単

中華スマートフォンというと、日本語化難しいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、意外や意外。
20160718_ulefone-future09
最初の起動時に言語設定で「日本語」を選ぶだけ。
20160718_ulefone-future11
すぐに日本語端末となります。

「Ulefone Future」でDoCoMo系の格安SIM(nano-SIM)が使えた

Ulefone FutureのSIMを挿すところは側面にあります。
20160718_ulefone-future06
ここにSIMと外部拡張メモリであるmicro SDカードを差し込みます。
ただこれが固くて、取り出すのも、戻すのもかなり手こずりました。
20160718_ulefone-future07
挿すことができれば、後はあっけなく認識されました。
20160718_ulefone-future10
データ通信の容量制限が気になる私にはもってこいの、容量が指定値に到達すると警告してくれる機能は、さり気なく便利です。

「Ulefone Future」製品仕様

メーカー名Ulefone
型式Ulefone Future
OSAndroid 6.0
CPU64Bit MTK MT6755 processor Octa core 1.95GHz CPU
GPUARM Mali-T860
内蔵メモリ容量 (RAM)4GB
内蔵メモリ容量 (ROM)32GB
ディスプレイ (画面) タイプin-cell LTPS(Corning Gorilla Glass 3)
ディスプレイ (画面) サイズ5.5インチ
ディスプレイ (画面) 解像度1920 x 1080
Wi-Fi規格802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.0
カメラメイン:約160万画素(Samsung s5k3p3)・Dual-tone flash、サブ:約50万画素
外部メモリ 最大容量128GB Mini SD Card
USBスロットUSB TYPE-C 3.0 x 1
HDMIなし
ヘッドホン3.5mm x 1
電池容量3000mAh(SONY 3000-3090mAh Lithium-ion Polymer Battery
Standby time 200 Hours)
ACアダプタ9V/2A Quick charge
本体サイズ151.5 x 73.5 x 8.6 mm、185g 
カラーSpace Grey、Golden
付属品電源アダプタ、USBケーブル、液晶保護フィルム

レビュー(評価・感想)


中華スマートフォンもここまで来たか!というほど、予想以上に見た目、中の性能とも良かったです。
これが$200程度で買えるのだから、日本の6万円以上のスマートフォンがどれも高すぎる感がしてしまいます。
サブ携帯として使い続けてみようと思います。

Ulefone Future Smartphone Promotion

返事を書く