実質4980円の電子書籍リーダー「kobo Touch」が楽天より登場!小説は満足、自炊コミックは?

2012年7月2日に楽天が電子書籍市場へ本腰を入れてきました。
電子書籍リーダー「kobo Touch」を破格値の7980円で7月19日より発売すると発表がありました。
さらに予約キャンペーンとして、最大3000ポイントを還元するというキャンペーンも開催されていて、実質最安値4980円で購入できてしまいます。キャンペーンはキャンペーンエントリー後、楽天の直販サイトより予約すると9月20日頃に会員ランクに応じてポイントを付与するというもの。
2012年7月度プラチナ会員は3,000ポイント、ゴールド会員は2,000ポイント、シルバー会員は1,000ポイント、その他の会員は500ポイント還元となっています。

kobo Touch」肝心のディスプレイは、Amazon.comのKindle(キンドル)でも採用されている電子インク「E-Ink Pearl」を採用。6インチタッチスクリーンで解像度は800×600。カラーはモノクロ16階調です。
本体重量は185g程度とiPhone4Sより40g程重い程度。
内蔵メモリは占有1GB+データ用1GBと少ないですが、microSDHCカードが使えるので最大32GBを増量でき、microSDHCカードなので交換も容易にできるのが嬉しいところ。
バッテリー持続は約1カ月と、iPadが10時間とは比ではありません。
対応ファイル形式はEPUB、PDF、MOBI、JPEG、GIF、PNG、BMP、TIFF、TXT、HTML、RTF、CBZ、CBRと豊富。
PDFに対応しているので、自炊したコミックや小説も読み込めます。

解像度的には青空文庫や小説を読むには文句ない解像度かと思います。
但し漫画やイラストなどの再現性となると800×600の16諧調というのは厳しいところです。
ふりがなは読めないと思います。
試しに新しいiPad用に2048×1536ピクセルで自炊したコミックデータとkobo Touch用に800×600ピクセルに解像度を落としたものを比較してみました。

2048
iPad用に2048×1536ピクセルの画像を800×600ピクセルで切り抜いてみた画像。
これしか表示されません。下の800に落とした画像の右上黒枠エリアに該当します。

800x600
次にkobo Touch用に800×600ピクセルに解像度を落とした画像。
(一部あえてぼかしを入れています。ご了承ください)
ふりがなは予想通り読めません。

新しいiPadの解像度がいかにずば抜けているかわかると思います(約3倍)
コミックはやはりiPadが一番です。

kobo Touchはそれでも安い価格、通勤電車でも片手で読める軽さとちょうどよい大きさ、目が疲れにくいディスプレイ、EPUBの活字ならフォントも字の大きさも変えられる便利さ。
用途を絞れば素晴らしい電子書籍リーダーだと思います。

私は楽天ゴールド会員2000ポイント割引と所有ポイントを使ってブルータイプを買いたいと思います。

img_kobo_black
img_kobo_blue
img_kobo_lilac
img_kobo_white