自転車の路側帯規制や無免許運転の罰則強化が施行

自転車で道路の右側の路側帯を走ることを禁じたり、無免許運転の罰則を強化したりする「改正道路交通法」が2013年12月1日から施行されました。
下記の内容は入間市と神奈川県警のホームページを参考にしていますが、都道府県や市区町村等により解釈がことなる場合等がありますので、通行する自治体の条例を必ずご確認ください。

無免許運転の罰則強化

無免許運転の罰則を現行の「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」から「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」に引き上げられます。
無免許運転の下命容認、免許証不正取得の罰則も同様に強化されます。

無免許運転者への車提供や知っていながら同乗しても罰則の対象に

無免許であることを知りながら、自動車等を運転して自己を運送するよう要求・依頼し、無免許運転をする自動車等に同乗した場合は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金を科すこととなりました。
また、安全運転管理者等の欠格事由に、無免許運転に関し自動車等を提供する行為及び要求・依頼して同乗する行為に係る罪を追加することとなりました。
※これら無免許運転幇助行為を行った者は、違反点数に係わらず、欠格期間2年(取消し等処分前歴がある場合は4年)の運転免許取消処分を受けることとなります。

自転車が道路右側の路側帯を通行することを禁止

自転車の走行できる路側帯では双方向の通行が可能でしたが、自転車が通行できる路側帯は道路左側に設けられた路側帯のみが通行可能となります。

ブレーキの効かない自転車の運転を禁止

警察官は、制動装置不良自転車と認められる自転車が運転されているときは、当該自転車を停止させ、当該自転車の制動装置について検査することができるようになりました。警察官の停止に従わなかったり、検査を拒み、妨げた場合には、5万円以下の罰金となります。
また、検査の結果、必要に応じて道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要な応急の措置をとることを命じ、必要な整備をすることができないと認められる場合は、当該自転車の運転を継続してはならない旨を命ずることができるようになりました。これらの命令に従わない場合も、5万円以下の罰金となります。
※自転車の制動装置の基準は、「前車輪及び後車輪を制動」し、「乾燥した平坦な舗装路面で、時速10キロメートルのとき3メートル以内で円滑に停止できる」こととされています。

以上の事以外にも改正されている内容が多々ありますので、通行される市区町村等の各自治体のウェブサイトをご確認ください。

返事を書く