2016年4月1日午前0時から首都圏の高速道路料金改定

2016年4月1日午前0時から首都圏の高速道路料金改定されます。
首都高速の渋滞を緩和するために、遠回りになっても渋滞が避けられやすい、圏央道や外環道を利用した場合に料金面で不利にならないよう、ETC決済ならば経路に関係なしに起終点間の最短距離の料金になります。
また圏央道の一部で料金が高い状態となっていますが、それが「高速自動車国道の大都市近郊区間」のものに統一されるので、他の路線と同一水準に引き下げられます。
首都高の料金体系も、「高速自動車国道の大都市近郊区間」と同じ対距離制になります。現在は普通車であれば510円~930円ですが、2016年4月からは300円~1300円。これも「都心流入割引」という割引制度がある間の話で、いつ高くなるかわかりません。
高速道路無料化どころか、実質値上げしてるやん!って印象を受けた改定に感じました。
なんかいろいろと変わったようなので、詳しくはNEXCO東日本のサイトをご参照ください。

返事を書く