米国Amazon Drive無制限終了!日本版終了も近い?

米国アマゾンでも無制限のオンラインストレージは無理だった

米国Amazon Drive無制限終了
米国のAmzon.comが行っていたオンラインストレージサービスのサービス改定が発表されました。
クラウドサービスでは信頼性と安価でありながら無制限という破格のサービスだったアマゾンドライブ。
しれが容量ごとの料金制(年契約)となりました。
最安値は100GBで11.99米ドル。最大用量の30TBは1799.70米ドルです。
他のサービスでも多く見受けられる1TBは59.99米ドルと、いたって平均的な料金体制。
しかし、それ以上の金額になると、1TBごとに59.99米ドルが加算されていく為、さすがに割高感を感じてしまいます。
2015年から始まりましたが、BitcasaやOneDriveなどの無制限容量サービス同様、長くは続きませんでした。

日本版Amazon Driveも追随するか?

日本国内版は2016年7月から開始されましたが、こちらはまだアナウンスがありません。
どのサービスもAmazon.comに遅れて追随していく傾向があるため、無制限サービスが終了する可能性は高いと思われます。
サービスを改定するとなれば、国内サービスが開始されてから1年が経過する2017年7月頃が怪しいかも。
結局のところ無制限容量というのはハナから無理なサービスだったのでしょうね。
何にしても、オンラインだけではなく、ローカルでのバックアップも必要ですね。
私は外付けHDDと本当にとっておきたいのはBD-Rの二重体制で保存しています。