ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 4巻 レビュー:過去の伏線を回収!暗くて重いよ・・・

しめさば 氏のライトノベル『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』4巻の感想レビューです。
今回イラストはぶーた氏が体調不良ということで急遽代役として、本作のコミカライズを担当している足立いまる氏が担当しています。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 あらすじ

サラリーマンと女子高生。二人で過ごすタイムリミットは、すぐそこ。家出JK・沙優とサラリーマンの吉田、2人の同居生活は沙優の兄・一颯が訪ねてきたことで突然終わりを迎えることに。家に連れ戻されるまでに与えられた猶予は、たった1週間。
吉田が自分にそうしてくれたように、自分自身としっかり向き合いたい。
タイムリミットを前にして、沙優はゆっくりと口を開いた。
「聞いてほしい。私の……今までのこと」
学校のこと、友達のこと、家族のこと。沙優が何故家出をして、こんな遠く離れた街までやってきたのか。そして吉田と暮らした日々で、彼女が得たものとは――。
サラリーマンと女子高生の同居ラブコメディ、急展開の第4巻。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 4巻 レビュー

家出してきた沙優を連れ戻すため兄の荻原一颯(おぎわらいつき)が二人の前に現れる。
母から連れ戻すように言われて来たとはいえ、母親は心配してではなく世間体を気にしてしかたなくという理由。母娘の関係が悪いことがこのやり取りだけでもわかる。
いつか吉田の家から出て、実家に戻ることを決めていたが、急展開に心の準備が追いついていない。
不安から背中に顔を当てる。

4巻では沙優の過去について深堀りしていくので、内容としては重く暗い場面が続きます。
母親の沙優に対する接し方、過去に友人との関係での最悪の末路を迎え、家出するにいたった経緯が語られます。
そして投げやりになった沙優が最悪の形で宿の提供を受けた初めての場面も・・・

ヒロインが非処女でも好きな人とならまだしも、名前も知らない男と関係をもつという最悪の展開。1巻を読んでいるときからわかっていたけれど、そのシーンを改めて描写されると胸が締め付けられる思いがします。
そして、吉田が今まで隠していた感情もあらわになる。
沙優と初めて出会った夜のこと。失恋して、悪酔いして、可愛い女子高生と出会い、泊めさせたこと。
きれいごとを言っていたが下心が本当はあったこともわかった。
吉田もれっきとした男で安心した。できすぎた主人公じゃ共感できないですから。

最悪の逃避行の末に吉田に出会えたことが唯一の救い。
むしろそれがあったからこそ吉田と出えた。
出会えてよかったと思える人がそばにいる。
それがあるだけでも救いがあったように感じます。

後藤先輩の貴重なセーラー服姿。

吉田の上司である後藤先輩の意外な高校生時代の話も短いけれどあります。
まさかの家出娘。しかも男性の家に泊まり込んでいるなんて・・・

吉田と沙優の出会うに至る伏線が回収され、これでクライマックスへ向けた土台ができあがりました。
『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』 5巻でいよいよ北海道での本土決戦に挑むであろう沙優。
暗く重い展開が続きそうですが、ぜひ明るいラブコメ要素も交え、本来あるべき姿の明るく幸せな沙優の姿に期待です。

しかし、『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』のアニメ化が決まりましたが、地上波テレビで流せるのかな?ネット配信限定?この手の物語設定は物議を醸しだしやすいのでどうなんだろう。
どちらにしても早く見たいし、アニメ放送の頃には原作小説も完結しているのかな?

商品情報

文庫: 258ページ
出版社: KADOKAWA
言語: 日本語
ISBN-10: 4041082609
ISBN-13: 978-4041082607
発売日: 2020/8/1
サイズ: 15.1 x 10.7 x 2 cm

電子書籍 Amazon Kindle セール情報